深夜のランダム・ウォーク

深夜アニメについて語りたい



2020冬アニメ

映像研には手を出すな! 第6話 感想 金森氏のセリフがささる

第6話も素晴らしかった。 金森氏のセリフがとにかく刺さってくる。 「だが!出来上がったものがクソ面白くなかったら責任は全部お前にあるからな!なぜならあんたは監督なんだ!」 「責任は全部お前にあるからな!」なんて、会社で部下が上司に言ったら完全…

理系が恋に落ちたので証明してみた。 第6話 感想  

今回も面白かった。 キスができるシチュエーションを数値化するために、ムードに視点をおいて、さらに細分化するというアイディアはホント素晴らしい。 また、サブキャラクターの設定も良い。 理系が恋に落ちたので証明してみた。(8) (メテオCOMICS) 作者:山…

空挺ドラゴンズ 第5話 感想 細かいところが気になる

今回は、ミカ達が、海賊に襲われるというストーリー。 海賊に襲われるまでは、それなりに緊張感があった。 しかし、襲われてからは、描き方に気になる箇所が多く、尻すぼみになってしまった。 海賊に銃で撃たれるタキタ。ここの演出がイマイチ。タキタがおび…

異種族レビュアーズ 第5話 感想 わりとアウトな気がする

単眼娘はアリですね。 ヒトミ先生の保健室(1) (RYU COMICS) 作者:鮭夫 出版社/メーカー: 徳間書店(リュウ・コミックス) 発売日: 2015/07/31 メディア: Kindle版 Aパートは、比較的おとなしめ。 しかし、Bパートはすごかった。 音声のみ多すぎww それに…

群れなせ!シートン学園 第5話 感想 色々とがんばっている

第5話は、運動会編。 学園モノにはよくある話だが、動物あるあるを組み込んだり、主要人物のミユビちゃんががんばったり、ヒトミちゃんの爽やかなエロを挟んできたりと、わりと盛りだくさんで面白かった。 とにかく虚弱なミユビちゃん。最後はゴールするだ…

虚構推理 第4話 感想 アニメ化スタッフの熱意が感じられる

今回も面白かった。 ストーリーがいいし、画も綺麗。 アニメの出来が素晴らしいことに加え、鋼人七瀬のOPをつくったり、アニメに出てくるまとめサイトやツイッターを開設したり、とにかくこの作品を盛り上げようとするスタッフの熱意が伝わってくる。 twitte…

映像研には手を出すな! 第5話 感想 とにかく面白い

いやあ、毎回、ホント面白い。 空想部分をアニメにするシーンはもう鉄板。 今回は、金森氏の味のあるセリフが満載で、さらに浅草氏の特殊技能も明らかになった。 相変わらず、体感時間が短すぎる。 浅草氏が脱出のスキルをみせるシーンは、すごくいい。すな…

痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。 第4話 感想  画が動いてしゃべっているだけでは・・・

画は綺麗だし、動きも良いし、声優さん達の演技も抜群。 だが、ものすごくつまらない。 なんの緊張感も無いし、目的もない。 ただ、画が動いてしゃべっているだけでは、何を面白いと思えば良いのか。 4話までみてこの状態なら、もう見なくてもいいかな。

異種族レビュアーズ 第4話 感想 想像力が素晴らしい

いやあ、ほんとひどいし最低だ。 これまでもひどかったが、今回は、灼熱のサラマンダーの上と下の口にフランクフルトを突っ込むという、それこそ地上波の限界に挑むような酷いネタをぶちかましてきた。 やってることはホントひどくて最低。 だがしかし、異世…

虚構推理 第3話 感想 

虚構推理が面白い。 根拠はほとんど無しの、それこそ「虚構」な推理だけど、説得力はある。 何より、岩永琴子を演じる鬼頭明里さんの声の質と、演技力が素晴らしい。 この殴られたときの「ぎゅう?」とかいう声が可愛すぎる。 バトルシーンもかなり良い出来…

マギアレコード 第4話 感想 第4話がつまらないと思う理由

「マギアレコード」の第4話が、とにかくつまらなかった。 ★5つで評価するなら、★マイナス2ぐらい。 つまらないと思う理由をまとめてみると、 1.勝手に期待していたものとはぜんぜん違う。コレジャナイ感100%。 2.脚本を書く人たちのセンスが自分…

虚構推理 第2話 感想 

テレビアニメ「虚構推理」は、城平京氏による同名小説のアニメ化作品である。 小説に加え、マンガも11巻まで発売されている。 虚構推理(11) (月刊少年マガジンコミックス) 作者:城平京 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2019/10/17 メディア: Kindle版…

マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝 第3話 感想 

マミさあああああああああああああんん いやもう、新しい作画で動いているマミさんを観られただけで満足。 本家まどか・マギカの第3話は、アニメ史上に残る衝撃的な展開というのは有名な話だ。 魔法少女まどか☆マギカ 発売日: 2016/12/21 メディア: Prime V…

痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。 第2話 感想  トニカクカワイイ

これはあれか。とにかく可愛い美少女キャラが、VRMMOの中で無双するという話だろうか。 メイプルは、最初の「防御」に特化したプレイをしたことで、 サリーは、もともと天才ゲーマーだったということで、 ふたりとも強キャラになっちゃった、ってことでいい…

ドロヘドロ 第1話 感想 ぶっ飛んだ世界観

初っぱなから人が切り刻まれるグロ展開。 「ドロヘドロ」 の意味は分からないが、タイトルのイメージどおり、ぶっ飛んだ世界観だ。 ただ、こういうグロい表現は興味を引きやすいものの、ただそれだけでは視聴者をつなぎとめることはできない。 人気の原作と…

インフィニット・デンドログラム 第1話 感想 小説は面白いのかもしれないが

TVアニメ「インフィニット・デンドログラム」は、海道左近による小説『<Infinite Dendrogram>-インフィニット・デンドログラム-』のアニメ化作品である。 wikiによると、本作は、小説投稿サイト『小説家になろう』にて2015年10月より連載が始まり、HJ文庫…

空挺ドラゴンズ 第1話 感想 面白い世界観

TVアニメ『空挺ドラゴンズ』は、桑原太矩氏によるマンガのアニメ化作品である。 もう、タイトルからして面白そうな匂いがプンプンする。マンガやアニメのタイトルはこうありたいものだ。 放送枠は、+Ultra。天下のフジテレビが、それなりに制作費を投入して…

ソマリと森の神様 第1話 感想 原作とは別物の雰囲気

TVアニメ『ソマリと森の神様』は、暮石ヤコ氏による同名マンガのアニメ化作品である。 第1話をみたところ、心をもたないゴーレムと、人間の子供との交流を描くストーリーのようだ。 舞台は、人外ものたちが跋扈し、人間が好物という、なかなかエグい世界。 …

異種族レビュアーズ 第1話感想 エロいだけではない完成度

TVアニメ『異種族レビュアーズ』は、原作:天原氏、作画:masha氏による同盟マンガのアニメ化作品である。 wikiによると、原作の天原氏は、その奇想天外なアイデアメーカーぶりから、ネット上ではしばしば発想の常勝無敗と評されているらしい。 作風は、ファ…

プランダラ 第1話 感想 ネーミングセンスを疑う

TVアニメ『プランダラ』は、水無月すう氏による同名マンガのアニメ化作品である。 原作コミックスは、現在14巻まで刊行されている。 かなり長く続いているということは、人気があるマンガなのだろうか。 第1話をみた限りでは、イマイチな出来だ。 評価で…

マギアレコード 第1話 感想

TVアニメ「マギアレコード」は、スマートフォン向けRPGゲームを元にしたオリジナルアニメである。 このマギアレコードは、深夜アニメの金字塔、「魔法少女まどかマギカ」の外伝的作品だ。 「魔法少女まどかマギカ」については、説明不要だろう。 觀ていない…

理系が恋に落ちたので証明してみた。 第1話 感想 

『理系が恋に落ちたので証明してみた。』は、山本アリフレッド氏による同名ウェブマンガのアニメ化作品である。 これは面白いな こういう頭が良いであろう作者さんのマンガというのは大好きだ。 タイトル通り、ちゃんと理系で証明しようとしているし、話のテ…

痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。 第1話 感想  「防御」がどこまでオリジナリティを出せるか

TVアニメ『痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。』は、夕蜜柑氏による同盟小説のアニメ化作品である。 小説の他に、コミカライズも発売されている。 味付けは、ほぼアニメと同じ感じだ。 痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。 (…

ID:INVADED 第1話 感想 問題点がいくつか

『id:INVADED イド:インヴェイデッド』は、あおきえい氏が監督、ミステリ作家の舞城王太郎氏がシリーズ構成と脚本を務めるオリジナルアニメである。 冒頭で、いきなり主人公がバラバラになる展開や、 犯人が、被害者の「隙間?」に隠れていたというアイディ…

映像研には手を出すな! 第1話 感想  またすごい作品がはじまってしまった

TVアニメ 『映像研には手を出すな!』は、大童澄瞳氏によるマンガのアニメ化作品である。 觀終わった瞬間、15分枠かと勘違いした。 しかし、放送時間はきっかり25分。 物語の中に引き込まれてしまい、時間の経つのを忘れてしまった。 特徴的なキャラクタ…

恋する小惑星 第1話 感想 さすがの動画工房。一方、ストーリーは・・・?

TVアニメ『恋する小惑星』(こいするアステロイド)は、Quro氏による同盟マンガのアニメ化作品である。 制作会社は、安心の動画工房。 秋季はなぜかおやすみだったので、待ってました、というところだ。 アニメとしての出来は、さすがというほかは無い。 画…

群れなせ!シートン学園 第1話 感想 かなり良かった

テレビアニメ『群れなせ!シートン学園』は、山下文吾による同名コミックスのアニメ化作品である。 男子は、2足歩行はしているものの、ほぼ動物のまま。 一方、女子はみんなケモミミ美少女。 なかなか都合の良い舞台設定。 でも、ビースターズがリアルすぎ…