深夜のランダム・ウォーク

深夜アニメについて語りたい



ぐらんぶる

ぐらんぶる 第12話 最終回 感想

アニメ「ぐらんぶる」が無事最終回を迎えた。 原作コミックの「ぐらんぶる」は、画もギャグも非常にクオリティが高い漫画だ。 アニメの出来は、その漫画を十二分に生かしきったとは言いにくい。 例えば、今回だとこのシーン。 愛菜が、「何言ってるかわから…

ぐらんぶる 第11話 感想 ぐらんぶる屈指の名シーン!

前回、カットされた、愛菜がマニュアル車をスムーズに運転するエピソードをここへ持ってきたか。 だが残念。ここは、愛菜のどんくささを表現するシーンが必要だった。 原作では、この直前に、愛菜がアイスクリームを落としてしまうシーンがあるので、マニュ…

ぐらんぶる】第10話 感想 これはこれで良いが原作カットされすぎ

これはこれで面白い。 作画もがんばっている。 だがしかし、 原作にあった愛菜の可愛いシーンをはじめとして、面白いエピソードがばっさりとカットされてしまっているのが残念。 ちなみに、アニメ第10話は、コミックス第4感に収録されている。 ぐらんぶる(4…

ぐらんぶる 第9話 感想 

毎回楽しくみている。 だがしかし、申し訳ないが、1枚絵のクオリティは、どうしてもコミックスのほうが数段上。 特に、美少女二人がプラ○スーツに着替えたことで、耕平が歓喜に震えるシーンは、原作のテンポと迫力を再現してほしかった。 このエピソードは…

ぐらんぶる 第8話 感想  これぞアニメの威力

アニメ「ぐらんぶる」第8話Bパートの原作は、コミックス第5巻の番外編である。 御手洗が女の子とよろしくやろうとしていることを、伊織・山本らが察知し、御手洗が本懐を遂げようとするのを阻止するというクズクズしい話だ。 ぐらんぶる(5) (アフタヌー…

ぐらんぶる 第6話 感想 原作のポテンシャル

やっぱり、ちょっと作画がイマイチであり、作画のテンポも、「おや?」と思うところがある。 だが、やっぱり面白い。 これは原作の面白さがずば抜けているから、多少アニメ化が甘くても、面白いものになってしまうのだと思う。 いや、作画でもがんばってると…

ぐらんぶる 第5話 感想 これはこれで

相変わらず、原作コミックスに比べると、アニメは画の迫力が若干落ちるし、さらにコミックスであったいいセリフや表現がカットされている。 だが、アニメはアニメで大笑いできるレベルになっている。 声優さん達の演技が素晴らしいし、テンポも悪くない。 ま…

ぐらんぶる 第4話 感想 だいぶこなれてきた感

相変わらず原作のいいところがカットされていたり、今回は明らかに作画が怪しいところがある。 だがしかし、アニメのスタッフが、漫画ぐらんぶるの独特のテンポに慣れてきたのか、それともこちらが慣れてきたのか分からないが、今回はかなり面白かった。 伊…

ぐらんぶる 第3話 感想 残念な省略が多い

やはり、「ぐらんぶる」は、梓さんが出てくると数段面白くなる。 原作には及ばないものの、梓さんの作画はなかなかで、そのへんは満足。 声優の「行成とあ」さんの演技もぴったりだ。 アニメ化が、漫画独特のテンポとネタにイマイチついていってないところも…

ぐらんぶる 第2話 感想 調子が出てきたか慣れてきたか

第1話は、正直イマイチかと思っていた。 しかし、第2話は、原作でも屈指の神回のアニメ化とはいえ、かなり面白かった。 作画は標準以上。 特に、千紗ちゃんの作画に気合が入っていて、大変よろしい。 テンポに関しては、もうちょっといい間がありそうだが…

ぐらんぶる 第1話 感想 いいところがカットされている

アニメ「ぐらんぶる」は、井上堅二氏原作・吉岡公威氏作画による漫画「ぐらんぶる」のアニメ化作品である。 漫画「ぐらんぶる」の面白さも、説明不要だろう。 「バカとテストと召喚獣」をつくった井上堅二氏のシナリオは、とにかく面白い。 さらに、吉岡公威…