深夜のランダム・ウォーク

深夜アニメについて語りたい



りゅうおうのおしごと!第3話

深夜アニメは、第3話が重要だと言われる。

 

ここで視聴者のハートを掴むことができなければ、視聴を切られる可能性が高いからである。

 

第1話、第2話は、個人的にあまり評価は高くなかった。

 

第2話で11連敗していた主人公が、あいちゃんとの交流であっさり連敗を止めたのが、すごく軽く思えてしまった。将棋アニメ「3月のライオン」の壮絶さを思えば、もう紙のような軽さだ。 

 

加えて、ちょっとセリフの選び方で、ツッコミをいれたくなるものが多い。

 

例えば第1話、冒頭の主人公のセリフ。

 

「あと一手指せば竜王になれる。4200万の賞金と将棋界最高の栄誉と八段への特進、そして歴史に名前が残る!」

 

確かにそうかもしれんけど、賞金のことは言わなくてもいいんじゃないの?とか。

 

第3話、主人公が両親を説得するシーンで、

 f:id:wegowalk4:20180123195944j:plain

 「俺はまだ16歳で中卒ですが竜王です!将棋は世界一強いです!」

 

君、ついこのあいだまで11連敗していたでしょ?とか。

 

ついでに、

 

f:id:wegowalk4:20180123200103j:plain

「あいさんを俺にください!」

 

 このセリフの使い方もよろしくない。

銀の匙」で八軒が言った「俺が責任を取ります!」みたいな使い方をすればもっと面白かったと思う。

 

 とはいえ。

 

第3話、将棋を続けるために、必死に「浪速の白雪姫」に食らいつく、あいちゃんの奮闘ぶりは、涙なしに見られないものであった。

 

製作は、 project No.9。どこかでみた絵柄だと思ったら、「 ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?」をつくっている会社だった。

 

今のところ作画もいいし、続きが気になってきたので、このあとも、もう少し見ることにしようか。