深夜のランダム・ウォーク

深夜アニメについて語りたい



メルヘン・メドヘン第1話~第3話

(あらすじ)読書と空想が好きなぼっち気味の女子高生、鍵村葉月。現実を忘れ物語に没頭する『物語症候群』の持ち主である葉月はある日一冊の古めかしい本と、魔法使いの少女と出会う。「好きです!」思わず告白してしまった少女を追って図書館に飛び込んだ葉月は、まさかの魔法学園にワープしてしまうのだった。魔法の力を秘めた物語の『原書』。迷い込んだ先のクズノハ女子魔法学園で学園長と出会った葉月は、自分が『シンデレラ』の原書に選ばれたと告げられる。『原書使い』を目指す見習いの『メドヘン』になった葉月は、魔法使いの少女・土御門 静に教わり、基礎魔法『ブーフ・ヒュレ』に取り組むがうまく行かず・・・。

 

 

今期の魔法少女モノ。

 

超絶美少女がぼっち設定であることにはもう突っ込まないことにしておけば、第1話は今後が期待できる出来であった。

f:id:wegowalk4:20180128175759j:plain

↑見どころが多かった第1話。

 

しかし、第2話、第3話で見るべきところがあったかというと、なかなか苦しいと思う。

 

今のところ、学園魔法対抗戦ヘクセンナハトでひっぱっているのだが、魔法少女どうしの戦いが描かれないので、それがどのようなものかイメージしにくい。

 

f:id:wegowalk4:20180128180343j:plain

第3話で静とカザンが一触即発のシーンがあったが、ここはスタイリッシュに魔法少女同士の戦いをみせても良かったのではないか。

 

また、主人公が、「再婚した義理の母親と連れ子の姉」とも少し和解するシーンがあるのだが、ここで入れる必要があったかどうか。現実世界が辛いからこそ、主人公はメドヘンの世界に意識が行ってるわけで、ここはもっと後でも良かったのではなかろうか。

 

さらに、第3話の終盤で、主人公はシンデレラへの変身に失敗する。

もう第3話だし、ここは変身してもよかったのでは無いかと思う。

変身に失敗するシーンもちょっと残念な感じで、上から視点が降りてきて下の画像が示される。

f:id:wegowalk4:20180128180637j:plain

それよりは、艦こればりに服が弾けるシーンを描くべきじゃなかったか?

 

 

このブログは、そんなことを妄想している変態がお送りしております。