深夜のランダム・ウォーク

深夜アニメについて語りたい



オーバーロードⅡ 第5話 感想

(あらすじ)決戦の夕刻、スケルトンの群れからコキュートスが姿を現す。その圧倒的な力を感じながらも、リザードマンたちは意を決して対峙。種の存続を賭けた戦いが開幕する。しかし、想像を絶する守護者の力の前に為す術なく倒されていくリザードマンたち。族長達が放つ渾身の攻撃も、コキュートスには傷一つ負わせることができず、次々に倒されていく。最後の力を振り絞り、シャースーリューとザリュースは一矢報いようとするが……。

 

 

これぞ深夜アニメ

 

いやあ、死ぬほど笑った。

 

 

f:id:wegowalk4:20180208184151j:plain

冒頭のシャルティア=上坂すみれさん)の変態演技で始まり、

 

f:id:wegowalk4:20180208184159j:plain

f:id:wegowalk4:20180208184209j:plain

f:id:wegowalk4:20180208184228j:plain

この流れはホント素晴らしい。

アインズ様のデザインもあいまって、シュールな笑いの極み。

 

それと、このシーン。

f:id:wegowalk4:20180208184236j:plain

「私の体でしょうか・・・?」

 

f:id:wegowalk4:20180208184257j:plain

f:id:wegowalk4:20180208184302j:plain

f:id:wegowalk4:20180208184308j:plain

もうホント笑いすぎてお腹痛い。

 

オーバーロードの個性的なキャラクターたちの設定を存分に活かした、神回であった。