深夜のランダム・ウォーク

深夜アニメについて語りたい



キリングバイツ 第10話 感想 祠堂と瞳の過去

(あらすじ)「蜜獾(ラーテル)」と「虎(ティガ)」の決戦に、三門財閥の最終兵器「穿山甲(パンゴリン)」が乱入。ラーテルを一撃で退けたパンゴリンの全身を攻防自在の鱗で覆われた身体には、ティガの爪撃も通用しない。 モニタールームで戦いを見届けていた「牙闘(キリングバイツ)」管理局長の祠堂は、ラーテルとなる前の、ヒトミと出会った時のことを思い出していた。

 

f:id:wegowalk4:20180318223025j:plain

前回みてて、そろそろネタ切れかな?と思っていたけど、ここからまた盛り上がってきた。

このアニメは、無駄に勢いがあって面白い。

 

f:id:wegowalk4:20180318223126j:plain

f:id:wegowalk4:20180318223135j:plain

徐々に心を通わせていく祠堂と瞳。

こういう話大好き。

 

序盤みていた感じでは祠堂が瞳を洗脳していたのかと思ったけど、単純な愛だったとは御見逸れした。

 

f:id:wegowalk4:20180318223331j:plain

この祠堂という男、最初は悪人サイドにみえたけど、違うのか?

瞳をキリングバイツに参加させて、何をするつもりなんだろう。

 

f:id:wegowalk4:20180318223530j:plain

「牙の鋭い方が勝つ。それがキリングバイツだ」

 

お前が言うんかいww

 

センザンコウVSティガのバトル、

瞳の過去編、そして覚醒と、見どころの多い、なかなかの良回であった。

 

f:id:wegowalk4:20180319073808j:plain

ところでなんなのこの人。

獣人でもなんでもないんだよね?

 

ランキングクリックお願いします。
 にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ