深夜のランダム・ウォーク

深夜アニメについて語りたい



デビルズライン 第1話 感想 改変多め

f:id:wegowalk4:20180410124937j:plain

アニメ「デビルズライン」は、人気コミック「デビルズライン」のアニメ化作品である。

 

原作コミックスは、作者様には申し訳ないが、「画がとびきり上手」というレベルではない。

しかし、いわゆる「マンガ力」がある画で、引き込まれる作品である。

 

なので、アニメ化によって作画が綺麗になり、動きが出てくれば、かなり面白い作品になってくるのではないか―――――と期待していた。

 

まずはアバン。いきなりアニオリのシーンで、赤を基調とした画で、鬼が人間を虐殺するシーンを描いた。

しかし、なぜメインカラーが赤なのだろうか?

デビルズラインの鬼には、目が赤くなるという特徴がある。飛び散る血液だって、当然赤だ。ならば単純に、暗い色を基調として、赤い血や、鬼の赤い目を強調した方がよかったのではなかろうか。

 

次にAパート。これも、ほとんどがアニメのオリジナルだ。

鬼が暴れまわるアクションシーンを入れたり、原作ではもっと後で出てくるキャラクターを登場させている。

アクションシーンは良かったし、設定の補完という意味では、これは良かったと思う。

だが、ちょっとその尺が長すぎて、第1話が安西とつかさのキスシーンで終わったのは 少し残念であった。

 

Bパートは、ほぼ原作の第1話を踏襲。それはいいのだが、なにかこう、物足りないと言うか、作画が今ひとつな感じがした。

もともと、原作の画は今ひとつなので、アニメ用にキャラデザをかえてもいいかな、と思ったが、それはそれで賛否両論になりそうか。

 

とりあえず、視聴は継続する。

 

ランキングクリックお願いします。
  にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ