深夜のランダム・ウォーク

深夜アニメについて語りたい



ダーリン・イン・ザ・フランキス 最終回 感想

天元突破グレンラガン」「鉄血のオルフェンズ」のネタバレを含むのでご注意ください。

  

f:id:wegowalk4:20180708083502j:plain

 

2クールに渡って放送されてきた、ダーリン・イン・ザ・フランキスが、無事最終回を迎えた。

 

作画のクオリティ、声優さんたちの演技、音楽などには文句のつけようがない。

あとは、ストーリーが好みにあうかどうか。

 

最終回に関しては、非常によくまとまったと思う。

 

ヒロとゼロツーの特攻に、もうひとつアクシデントを設け、そのヘルプに13部隊とココロとミツルの子供らの願いを使うシーンはかなり良かった。

また、あの戦いからヒロとゼロツーがそのまま生還するのは無理があるし、幸せに暮らす13部隊の生活を描いたあとに、転生して二人が出会うというオチは、これ以上ないぐらいのキレイな終わり方だと思う。

 

ただ、作品全体としてみると、どうしてもやり玉に挙がってしまうのが、グレンラガンと同じパターンを採用したところだ。

 

重ね重ね書いてしまうが、やはりそこが残念でならない。ラストの盛り上げ方を違ったかたちにすれば、アニメ界に残る傑作になった可能性もあるが、グレンラガンの二番煎じという評価がついて回るので、どうしても作品の評価としては下がってしまう。

 

アイディアのパクリは悪くないと思っているが、どうせ選ぶなら、せめてグレンラガンとは違うストーリーを選んで欲しかった。

 

とはいえ、13部隊の面々が幸せそうに暮らしているシーンは悪くない。

敵の正体が地球人であり、地球を部隊に最終決戦を行った場合、フトシやイクノに生存ルートはなさそうだし、下手するとゾロメやミクも名誉の戦死を遂げる展開になりそうな気がする。

 

個人的には「鉄血のオルフェンズ」のようにメンバーの多くが戦死するという悲劇的な展開も嫌いじゃないのだが、ダリフラの最終回を見終わったあとは、こういう超ハッピーエンドでよかったと思う。

 

と、ぐだぐだと書いてしまったが、第1話から最終話まで、話のテンションや作画のクオリティが落ちることなく、作品として完成させたキャスト、アニメ制作、関係者の皆さんには「ありがとう」という感謝の言葉しかない。

 

f:id:wegowalk4:20180708083523j:plain

しかし振り返ってみると、このアニメは最初、こんな変態的なところからはじまったんだよな・・・

ここから、あの壮大で感動的な最終回までストーリーをつなげてしまうあたり、さすがグレンラガンのスタッフといったところか。

 

 

ダーリン・イン・ザ・フランキス 1(完全生産限定版) [Blu-ray]

 

よろしかったら、ランキングクリックお願いします。
  にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ