深夜のランダム・ウォーク

深夜アニメについて語りたい



ハイスコアガール 第1話 感想 超大作の予感

f:id:wegowalk4:20180714202302j:plain

アニメ「ハイスコアガール」は、押切蓮介氏の漫画「ハイスコアガール」のアニメ化作品である。

 

この作品がアニメ化とは、万感の想いがある。

一時期、著作権の問題が勃発し、漫画の連載がストップしていたことを思うと、アニメ化したことが夢のようだ。

 

どんな経緯があったのか分からないが、「ハイスコアガール」という素晴らしい漫画を続けるために、いろいろなわだかまりが解消されたのだとしたら嬉しい限りだ。

 

さて、漫画「ハイスコアガール」は、説明がいらないほどの素晴らしい漫画である。

ネタバレを避けるために詳しいことは書かないが、特に、第1巻は完璧だ。

 

アニメ化にあたって、下手な改変は、勘弁してほしいと思っていた。

f:id:wegowalk4:20180714202318j:plain

しかし、第1話を見た限り・・・いや、アニメがはじまって、ゲームで彩られたOPが流れた瞬間、このアニメがもう素晴らしいものになると確信した。

 

多分、スタッフとしては、漫画の本質はいじらず、ゲームの画面などを表現するところに力を割いたのだろう。

 大野とアキラのセリフや動きはほぼ原作どおりで、イメージ以上の出来であった。

 

それにしても、ストリートファイターⅡやファイナルファイトなど、昔のゲームが画面に映されるだけで、すごく胸が熱くなる。

自分もこのゲームをやりこんだ世代なので、ゲームの画面をみているだけで楽しい。

 

また、毎週楽しみにしなければならないアニメが始まってしまった。

 

 

ねんどろいど ハイスコアガール 大野晶 ノンスケール ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア

 

 

よろしかったら、ランキングクリックお願いします。
  にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ