深夜のランダム・ウォーク

深夜アニメについて語りたい



Phantom in the Twilight 第1話 感想 非常に厳しい

 

f:id:wegowalk4:20180720061711p:plain

「Phantom in the Twilight」(ファントム イン ザ トワイライト)は、モバイルゲーム配信会社のHappy Elementsが企画・原作を務めるオリジナルアニメである。

wikiによると、中国での展開も予定しているそうだ。

 

Happy Elementsがモバイルゲーム会社ということで、ゲームの販促アニメかと思ったが、そうではないらしい。

単純に、このアニメだけでの売上を図ろうとしている、ということだろうか。

 

第1話をみた限りでは、かなり厳しい出来だ。

 

作画や画の動きは標準的なものだし、何よりストーリーに魅力やオリジナリティがなく、細かいディテールもよろしくない。

 

特に、肝心の戦闘シーンが非常にかっこ悪い。

 

主人公が、ヒロインの「気をつけて!」という言葉に気を取られて敵に殴られる、なんて、そんな間抜けなシーンが今までにあっただろうか?

 ついでに、敵モンスターのデザインもイマイチだ。

 

制作会社は、ライデンフィルム。はねバド!のようにクオリティの高いアニメを出している割には、この「Phantom in the Twilight」は、まるで別会社が制作しているようなクオリティの低さである。

 

これで日本の市場でBDなどの売上をあげようというのはかなり厳しいだろうし、中国での展開も厳しいのではなかろうか。

 

 

 

よろしかったら、ランキングクリックお願いします。
  にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ