深夜のランダム・ウォーク

深夜アニメについて語りたい



百錬の覇王と聖約の戦乙女 第5話 感想

 

f:id:wegowalk4:20180807213050p:plain

ほぼお色気なしの戦展開。

 

狙っているのか大真面目なのか分からないが、「匹夫の勇」 の連呼は、ちょっと面白かった。

  

だけど、アニメとしてみせるなら、もう少し欲しい表現があった。

 

少なくとも、スカーヴィズとヴィングとやらの一騎打ちのシーンは、画でみせるべき。

 

それと「水攻め」のシーンでは、「雷」の兵士たちが後ろにひかえており、川を渡っているシーンと、その兵士たちが洪水に押し流されるシーンを、人数多めで描くべきであった。

 

作画もちょっと怪しいところがあるし、あんまり力が入ってない感じがする。 

 

とりあえず、ちょっと先が気になるので、まだ視聴を継続する。

 

 

↓アニメ感想系ブログランキング
  にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ