深夜のランダム・ウォーク

深夜アニメについて語りたい



ハイスコアガール 第8話 感想 緊張感あふれるバトルの先にあるもの

 

ANCB000670

修学旅行の自由時間を利用し、『スパⅡX』大阪大会にこっそり参加することを決めたハルオ。

 

ANCB000760

ところが会場には晶の姿が。留学から帰ってきて以来、まだ実現していない晶との対戦が果たせると、闘志をみなぎらすハルオは持ちキャラのガイルを操り、運も味方につけながら決勝まで勝ち進む。一方の晶もザンギエフで、ほかのプレイヤーを吸い込みまくり投げまくりで順調に決勝へと駒を進める。

 

ANCB001480

初対決から3年以上、ハルオが熱望した再戦の幕が切って落とされる―――――

 

 

原作は、何回も読んでいる。

当然、このあとの展開は頭に入っている。

しかし、この緊張感はどうだ。

特にハルオと晶の決勝戦は、手に汗を握る展開だった。

 

ANCB001906

何か違和感を感じながらも、晶を下すハルオ。

 

ANCB001955

ところが、晶の台は故障しており、パンチボタンが押せなくなっていたのだ。

 

ANCB002039

f:id:wegowalk4:20180901203802p:plain

手を抜かれたと勘違いし、晶に襲いかかるハルオ。

しかし、ハルオがみたものは・・・・。

 

 

いやあ、ホント最高だなハイスコアガール

ゲームと恋愛要素を、高度な次元で融合することに成功している。

押切蓮介先生は、ホント天才だ。

 

アニメは、ほぼ忠実に原作をアニメ化している。

3Dで描かれた作画は美しく、演出、テンポなどに文句は無い。

 

ANCB002301

ただ、この印象的な晶の表情は、原作のほうが上かな。

原作では、上のシーンを見開きで使っていて、表情も原作のほうが良いと思う。

押切蓮介先生の画風は人を選ぶけど、個人的には大好きだ。