深夜のランダム・ウォーク

深夜アニメについて語りたい



ぐらんぶる 第12話 最終回 感想

 

f:id:wegowalk4:20180930185359p:plain

f:id:wegowalk4:20180930184630p:plain

f:id:wegowalk4:20180930184638p:plain

f:id:wegowalk4:20180930184730p:plain

f:id:wegowalk4:20180930184737p:plain

アニメ「ぐらんぶる」が無事最終回を迎えた。

 

原作コミックの「ぐらんぶる」は、画もギャグも非常にクオリティが高い漫画だ。

 

アニメの出来は、その漫画を十二分に生かしきったとは言いにくい。

 

例えば、今回だとこのシーン。

ANCB002186

愛菜が、「何言ってるかわからないって顔しない!」

と突っ込むシーンだが、この辺のテンポがちょっと違う気がするのだ。

 

こういうところは、「あそびあそばせ」のスタッフなら、絵とセリフのテンポを、もっといいタイミングでみせてくれるような気がする。

 

とはいえ、たまにアニメならではのいいところもあったので、アニメ「ぐらんぶる」も、わりと楽しむことができた。

 

2期があるようなら、きっとまた見ることだろう。

 

 

↓アニメ感想系ブログランキング
  にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ