深夜のランダム・ウォーク

深夜アニメについて語りたい



ダグ&キリル 第1話 感想 

「DOUBLE DECKER! ダグ&キリル」は、サンライズ制作によるオリジナルアニメである。

 

 wikiによると、名作「TIGER & BUNNY」から続くアニメシリーズプロジェクト「バディシリーズ」のひとつということだ。

  

制作が「サンライズ」だけに、かなり期待していたのだが、正直面白いとは思えなかった。

 

とりあえず、冒頭のナレーションで軽く引いた。

 

「これはとある町に暮らす警官の俺がヒーローになるまでを描く話になる…予定だ」

 

よくこのセリフを選んだものだ。

 

説明不要だろうが、これは某人気ヒーローアニメで使われているセリフ。

もしかしたら、他にアニメをパロっていくアニメなのかと思ったが、そうでもないらしい。

 

次に、冒頭のアクションシーン。

ancb00053

f:id:wegowalk4:20181004073207p:plain

 あれだけかっこよく弾を込めるシーンを入れておいて、外れる弾丸。

これは笑うところだろうか?

 

ancb00157

そして突然挿入されるナレーション。

「これはあくまで刑事の話!職務のためなら命も懸ける刑事たちの話なのだ!残念!」

 

・・・第1話総評。

 

一言で言うと、中途半端だ。

 

ひとつひとつのシーンが、ギャグなのか、シリアスなのか、今ひとつ分かりにくい。

 

それと、わりと致命的なのが、ただ人間がドンパチやるアニメということだ。

 

ヒーローというキーワード、さらにタイガー&バニーという名作があるだけに、

こちらとしては、登場人物達が何かに変身するのでは、とか、超能力を発揮するのでは、という期待がある。

ただ銃だけで戦うのは、かなりインパクトに欠ける。

 

それこそ、ナレーションで、そういう点を説明しておくべきじゃないか。

「このアニメに、変身とか超能力は一切ない!残念!」とか。

 

そして、人間だけでやるというのなら、ストーリーによほど魅力が必要だ。

しかし、第1話に魅力があったかというとそうは思えない。

 

 

秋は忙しいし、相変わらず放送されるアニメは多い。

しばらく録画はするが、観ることはなさそうだ。

 

 

↓アニメ感想系ブログランキング
  にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ