深夜のランダム・ウォーク

深夜アニメについて語りたい



ソラとウミのアイダ 第1話 感想 典型的スマホ販促アニメ

 

アニメ「ソラとウミのアイダ」は、 広井王子氏原作 、トムス・エンタテインメントによるオリジナルアニメである。

 

wikiによると、「ソラとウミのアイダ」は、フォワードワークスより配信されたスマートフォン用のゲームアプリ。つまり、この「ソラとウミのアイダ」は、いわゆるスマホ販促アニメだ。

 

近年、毎期、スマホゲームを基にしたアニメが放送されているが、そのほとんどがつまらないものになっている。

おそらくは、時間もお金もない中でシナリオがつくられるためと考えられる。

この「ソラとウミのアイダ」については、名作「サクラ大戦」の原作者である広井王子氏が関わっているということで、多少は期待していた。

しかし、やっぱりこの「ソラとウミのアイダ」もつまらないとしかいいようがない。

 

まず、いいところ。

 ancb01910

 

人物の作画は比較的安定していた。

・・・・まぁ、女性キャラはほぼ同じ顔なので、ある意味手抜きかもしれないが、それは他のアニメもそんなに変わらない。

 

次に、設定がいい。

 

魚がいなくなった世界で、宇宙にイケスをつくり、漁を行うというのは、ワクワクする設定だ。

尾道市を舞台にしているところもいいと思う。

 

とりあえず、いいところはそれぐらいか。

 

 問題は、とにかく漁のシーンがしょぼいことだ。

 

まず、魚とカニのビジュアルが雑すぎる。

 f:id:wegowalk4:20181006173811p:plain

そして、漁のときに守護神を呼び出すというのも、なんだこりゃという感じだ。

 

おそらく、これはスマホゲームそのものなのだろう。

しかし、スマホゲームなら良いとしても、それをただアニメにして、面白くなるかどうか?

 

例えば、最近のスマホゲームの成功例というと、「ウマ娘」と「ラストピリオド」があげられる。

 

ウマ娘は、ゲームシステムそのものよりも、ウマ娘たちの成長ストーリーをメインにアニメ化した。

一方、「ラストピリオド」は、なんでもありのパロディ作品に仕上げてきた。

多分、この2つも、ゲームそのままのアニメ化では、つまらないものになっただろう。

しかし、アニメを観る層に対してアピールするために、アニメに特化したストーリーを練り上げたのだと思われる。

 

この「ソラとウミのアイダ」だが、最初の設定をみて、もっとリアルなストーリーを想像していた。

f:id:wegowalk4:20181006173747p:plain

しかし、目の前に出てきたのがスクール水着のロリ少女では、肩透かしもいいところだ。

  

ついでに、「まきまき」を演じている「人」の演技力はあまりにひどすぎて、聞くに耐えない。

 

というわけで、次回はみる必要はなさそうだ。