深夜のランダム・ウォーク

深夜アニメについて語りたい



ゴブリンスレイヤー 第1話 感想 

ancb00289

 

ゴブリンスレイヤーは、蝸牛くも氏によるオンライン小説およびライトノベルのアニメ化作品である。

 

wikiによると、元はWEB作品で、いわゆるやる夫スレ、「AA作品版」でアスキーアートと組み合せて公開されていた作品ということだ。

 

現在、第1巻が無料で公開されている。 

アニメの前に第1話だけを読んで見たが、かなり面白かった。

 

 

ゴブリンスレイヤーは、地上波で放送できるかどうかの、ハイレベルなダークファンタジーである。特に、第1話には、きわどいシーンが満載だ。

 

どこまでやってくれるかと思っていたが、これは相当がんばっている方だろう。

 

 ancb00044

このご時世なので、表立っての評価を書くのはちょっとはばかられるので、それには触れずに、小倉唯さんの声が堪能できる素晴らしいアニメと評価しておこうか。

 

それにしても、ゴブリンというと雑魚モンスターのイメージが強かったけど、 灰と幻想のグリムガルから続くゴブリン押しの流れは、いったいどこから来ているのだろうか。