深夜のランダム・ウォーク

深夜アニメについて語りたい



RELEASE THE SPYCE 第1話 感想 どうしても見劣りしてしまう

 

f:id:wegowalk4:20181009223043p:plain

『RELEASE THE SPYCE』(リリース ザ スパイス)は、Lay-duce制作によるオリジナルアニメ作品である。

 

タイトルからは、中身がどんなアニメなのかは、イメージできない。

 

こちらのインタビュー記事によると、現代の女子高生が、裏の顔はスパイで、人々を守るために悪の組織と戦うというスパイアクションコメディーということだ。

 

mantan-web.jp

 

 第1話をみると、どうやら「スパイ」と「スパイス」をかけているらしい。

リリースというのは、スパイスで力を開放するということだろうか?

おしゃれで、凝ったタイトルではある。しかし、作品の内容をイメージしにくいタイトルというのは、いかがなものか。

 

第1話をみたところ、キャラデザは良いし、作画もいい。

話も分かりやすい。

ただ、最近のアニメの中では標準レベル。

見どころのアクションも、標準的なものだ。

 

加えて、演出には弱いところが散見される。

 ancb00180

 

例えば、主人公が雪にあこがれている、という点は、かなり説得力が薄い。

(というか、隻眼なのは問題にならないのだろうか?)

 

雪のキャラデザは、登場人物の中で特に際立っているわけではない(というか、みんな可愛い)し、冒頭のアクションシーンでも、特に目立っていた印象は無い。

主人公の憧れの存在というのであれば、学校の中で、雪が活躍するシーンを描いておくべきである。

 

それと、女子高生+スパイアクションというと、つい1年前に「プリンセス・プリンシパル」という秀作が公開されている。

  

 

今の所、作画、アクション、ストーリー、どれをとっても、「リリスパ」が「プリプリ」を上回っているところはみえない。

 

とはいえ、作品のノリとしては良いので、リリスパの今後に期待して視聴を継続する。

 

 

↓アニメ感想系ブログランキング
  にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ