深夜のランダム・ウォーク

深夜アニメについて語りたい



ユリシーズ ジャンヌ・ダルクと錬金の騎士 第1話 感想 戦記物はだいたいハズレ


↓アニメ感想系ブログランキング
  にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ


アニメ『ユリシーズ ジャンヌ・ダルクと錬金の騎士』は、春日みかげ氏によるライトノベルユリシーズ ジャンヌ・ダルクと錬金の騎士』のアニメ化作品である。

 

深夜アニメを見始めてからずいぶん立つが、こういった中世型のファンタジーや戦記物のアニメは、だいたいつまらないものになっている。

 

このユリシーズ~も、第1話をみた限り、ハズレという評価にしかならない。

 

まずは、物語の舞台が分かりにくい。

最初にテロップで、「1415年パリ」と表示されるものの、サブタイトルで「錬金術」「妖精」というキーワードが入ってくる。

このために、視聴者としては、これが現実世界の過去の話なのか、それとも異世界の話なのか、魔法や妖精の存在が荒唐無稽な話なのか、考えながらみることになる。

 

Amazonのレビューをみると、どうやら現実世界の歴史とこの話を結びつけているらしい。ならば、テロップだけじゃなく、もう少しその時代の状況に触れておくべきだろう。

  

それと、こういうシリアスなストーリーにするのであれば、多少現実的な話の作り方をする必要がある。

 

イングランド軍に襲われるシーン。

 f:id:wegowalk4:20181014192156p:plain

リッシュモンが一人で、大の男、しかも訓練されているであろう兵隊を5人も倒してしまうのは、かなり無理がある。

そのシーンを描くのであれば、リッシュモンの力量を事前に示しておくべきだろう。

 

そして、妖精を召喚してしまうシーン。

f:id:wegowalk4:20181014193814p:plain

これも説明不足なので、あまりに都合が良い展開にみえてしまう。

そして第1話のオチが最悪で、薬をつくろうとしていたら、7年経過していたという・・・。

 こちらとしてはシラけるだけで、面白いともなんとも思えない。

 

 ancb02071

ついでにこの画も、何を狙って入れたのか。

かなりのセンスの無さを感じる。

 

第1話は、とにかく詰め込みすぎで、説明不足だ。

 

秋アニメは豊作なので、時間を削ってみる必要はなさそうだ。

 

 それにしても、Amazon原作の評価は5件しかなく、しかも低評価だ。

なんで、これをアニメにしようと思ったのか、理解に苦しむ。