深夜のランダム・ウォーク

深夜アニメについて語りたい



ゴブリンスレイヤー 第6話 感想 主人公が主人公している


↓アニメ感想系ブログランキング
  にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ


 

f:id:wegowalk4:20181115213021p:plain

 

どこかの漫画家が言ったことだが、アニメやマンガで大事なことがある。

 

「主人公を立てろ」

 

主人公というのは「オールラウンダー」になりがちだ。

ともすれば、サブキャラクターよりも存在感が薄くなってしまうことがある。

そうなると、その物語自体、若干面白さに欠けてしまう。

だから、主人公はどのキャラクターよりも立っている必要がある。 

 

最初、地味かと思っていた主人公「ゴブリンスレイヤー」だが、なかなかの存在感を増してきている。

  

ゴブリンにしか興味がない堅物。

それがゴブリンスレイヤーの特徴だが、ここ数話は、他のキャラクター達の話をちゃんと聞いて、それに対応しているところが面白い。

 

 

 

ゴブリンスレイヤーたちの戦闘シーンはヴァリエーションがあって面白いし、いつもかわいい女神官ちゃんも活躍している。

 

何やら大物の敵が現れそうだし、また、次回も楽しみだ。

 

 

↓アニメ感想系ブログランキング
  にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ