深夜のランダム・ウォーク

深夜アニメについて語りたい



青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない 第10話 感想  低調な印象


↓アニメ感想系ブログランキング
  にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ


ancb03106

このアニメにしては低調なエピソードだったと思うのである。

 

このアニメのいいところというと、魅力的な女の子のキャラクター、思春期症候群の「症状」、そして咲太のセクハラまがいの言動、というところは異論がないところだと思う。

 

まず、この豊浜のどかというキャラクターは、麻衣先輩、古賀ちゃん、双葉に比べると、魅力に乏しい。

とにかく、ずーっとぐずぐずといじけているという印象がある。

 

また、思春期症候群からの立ち直り方もよろしくない。

 

これまでの3人については、 

咲太のために消えることを選んだ麻衣先輩、
失恋を大泣きしながら受け入れた古賀ちゃん、
勇気を振り絞ってもう一人の自分に電話をかけた双葉、

誰もが自分で一歩踏み出した感じがある。

 

しかし、(手紙はのどかが出したものとは言え)のどかは結局麻衣先輩と咲太に助けられただけだ。

 

ancb02860
思春期症候群が治癒する瞬間も、ちょっと弱い。
目の前から消失した双葉のケースの直後だけに、インパクトに欠ける。

 

咲太の発言も、今回はかなりおとなしかった。

 

原作も、こんな感じなのだろうか。

もしかしたら、尺に収めるために、改変されているとか・・・?

 

 

 

ancb03270

 

 次回は波乱含み。

また、盛り上がってくれるだろうか。

 

 

 

↓アニメ感想系ブログランキング
  にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ