深夜のランダム・ウォーク

深夜アニメについて語りたい





ガーリー・エアフォース 第1話 感想 見るべきところは少ない


↓アニメ感想系ブログランキング
  にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ


 

アニメ「ガーリーエアフォース」は、夏海公司氏のライトノベル作品、「ガーリー・エアフォース」のアニメ化作品である。

 

第1話をみた限りでは、「ひっかかるところが多い」という感想である。

 

冒頭の戦闘シーンは、なかなかの迫力。人もどんどん死ぬ。戦闘機の動きも悪くない。

しかし、この「ザイ」と呼ばれる謎の飛行機は、名作「ストライクウィッチーズ」のネウロイの色違い。

 

 

ネウロイに限ったことじゃないが、どこかでみた設定が多い。

 

次に、この宋 明華の印象が悪すぎる。

最初のセリフが、「慧は絶対私が守るから!」なんだけど、超兵器に攻撃され、人がバンバン死んでいる状態でそんなセリフを言われても、こちらとしては、頭のイタい娘なのかな?と思うだけだ。

そしてこの宋 明華というキャラクターは、画に出ているときは、いつもイライラしている。

このあとは、おそらくグリペンとの三角関係になるんだろうけど、こんなに印象悪かったら、勝負にならないだろう。

 

というか、主人公に魅力どころかなんの特徴も無いぞ。大丈夫か。 

 

それから、ドーターが普通に陸送されているんだけど、それもどうかと。

昔、ガンダムAGEガンダムのウデが陸送されていて、アニメファンに失笑を買ったことを思い出した。

超兵器なんだから、分解して運搬できるようにするとか、せめて夜に行動すべきじゃないか・・・?

  

制作会社は、サテライト。

どこかで聞いたと思ったら、パンドーラをつくったところか。

重神機パンドーラ Blu-ray BOX 壱
 

だから、セリフとか展開とかが、なにかぎこちないのだろうか?

 

いろいろ書いたが、第1話をみて、面白いとは思えなかった。

第2話をみて、見るべきところが無いのなら、さっさと切るしかないかな。

 

 

↓アニメ感想系ブログランキング
  にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ