深夜のランダム・ウォーク

深夜アニメについて語りたい

バミューダトライアングル~カラフル・パストラーレ~ 第1話 感想

アニメ「バミューダトライアングル~カラフル・パストラーレ~」は、ブシロードトレーディングカードゲームヴァンガード」に登場するクラン「バミューダ△」を取り扱ったスピンオフ作品である。

 

ちなみにクランとは、「主にFPS系オンラインゲーム(『Quake』、『バトルフィールドシリーズ』、『カウンターストライク』、『WarRock』、『SPECIAL FORCE』、『サドンアタック』等)においてある一定の目的を持つ者の集団」の事を指す。

 

スマホゲームやカードゲームの世界をアニメ化したものは多い。しかし、カードゲームの中のキャラクターをピックアップしてアニメ化した作品は実に珍しい。

 

ヴァンガードというカードゲームは、存在だけは知っているけれど、このマーメイドたちはそんなに人気があるのだろうか。

 

とにかく、とりあえずこのアニメには、かなりの不安感が伴う。

はたして、まともなストーリーが用意されているのかどうか。

 

 ancb00022

とりあえず、第1話が始まって、OPが流れたが、これがかなり怪しい。

同じ冬季アニメ「約束のネバーランド」などと比べると、雲泥の差。

 

OPの出来イコール本編の出来、というわけでは無いものの、OPにセンスや力の入り方が感じられない場合、本編だってまともに出来ているわけがないのである。

 

で、やっぱり本編の作画は、ややチープである。

人物もそうだし、背景も、最近のアニメのレベルと比べると、決してクオリティが高いとはいえない。

 

ancb00050

 

特に、目のデザインが独特だ。個人的には受け入れ難い。

 ancb00266

作画が崩れているわけではないようだが、でも崩れているようにみえたりする。

 

ストーリーについても、あまり見るべきところはなかった。

 

これは、第1話で切っても問題なさそうだ。

 

余談だけど、声優の1人、「武田羅梨沙多胡」さんの名前はインパクトあるね・・・。

 

 

バミューダ・トライアングル DVD-BOX

バミューダ・トライアングル DVD-BOX

 

 

 

↓アニメ感想系ブログランキング
  にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ