深夜のランダム・ウォーク

深夜アニメについて語りたい





ぼくたちは勉強ができない 第1話 感想  ほぼ及第点


↓アニメ感想系ブログランキング
  にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ


f:id:wegowalk4:20190407200556p:plain



TVアニメ「ぼくたちは勉強ができない」は、筒井大志氏による漫画「ぼくたちは勉強ができない」のアニメ化作品である。

 

この漫画は、コミックスが発売されると、必ず販売ランキングのトップ5に入る人気コミックスだ。

 

この漫画の売りは軽快なラブコメであるが、特に女の子の表情がすごくいい。

 個人的には、今一番かわいい女子を描いている漫画家さんだと思っている。

 

 

それから、この漫画の特徴は、男子高校生が主人公であり、勉強の出来ない女子高生(ほか)に勉強を教えるというストーリーが根幹となっている。

これは、冬アニメで放送されていた、「五等分の花嫁」とほぼ同じだ。

 

ぼくたちは勉強ができない」は少年ジャンプ、「五等分の花嫁」は少年マガジンで連載されている、という事実には、なにかちょっと因縁めいたものというか、両者のライバル心のようなものを感じてしまう。

 

さて、五等分の花嫁だが、あまり感心できる出来ではなかった。作画もストーリーも、イマイチだった。

wegowalk4.hatenablog.com

 

 

一方、「ぼくたちは勉強ができない」の第1話は、幸い期待どおりの出来であった。

 

OPとEDは、曲も画もいいし、すごくセンスを感じる。

 

本編の作画も、比較的良好で、話のテンポも悪くない。

導入部は原作とずいぶん変えてきたが、概ね許容範囲。

何より声優陣の声がイメージ通り。

何度も読んだコミックスだが、やはり動画になり、声優さんたちの声がつくと、ずいぶんと印象が変わるものである。

 

f:id:wegowalk4:20190407200643p:plain

f:id:wegowalk4:20190407200654p:plain

特にこのあたりは、ほんとにいい匂いがしてきそうだし、胸の柔らかさも伝わってくるようだ・・・とは言い過ぎか。
ちょっと胸のサイズを増量しているところもポイントが高い。

 

f:id:wegowalk4:20190407200831p:plain

それから、富田 美憂さんの声が思う存分聞けるのはやっぱり嬉しい。
これからの理珠回が今から楽しみだ。

 

ところで、原作者の筒井大志氏は、以前は「ニセコイ」のスピンオフ作品を描いていたことがある。

  

 

 標準以上に面白い作品ではあったものの、ここから「ぼくたちは勉強ができない」のような面白い作品を描くようになるとは予想していなかった。