深夜のランダム・ウォーク

深夜アニメについて語りたい



この世の果てで恋を唄う少女YU-NO 第1話 感想  驚きの古さ


↓アニメ感想系ブログランキング
  にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ


TVアニメ「この世の果てで恋を唄う少女YU-NO」は、SFアドベンチャーゲームこの世の果てで恋を唄う少女YU-NO」のアニメ化作品である。

 

wikiによると、このゲームは、PC-98セガサターンWindowsで発売されたとのことである。

ハードやOSが示すとおり、このゲームが発売されたのは、1996年12月26日。今から20年前だ。

  

この世の果てで恋を唄う少女 YU-NO

この世の果てで恋を唄う少女 YU-NO

 

 

f:id:wegowalk4:20190409211503p:plain

 

f:id:wegowalk4:20190409211524p:plain

 

f:id:wegowalk4:20190409210926p:plain


20年前の作品ということもあって、繰り出される画や登場人物たちの行動が、さすがに古い。

  

昔、ゲームをやっていた人なら、懐かしいと思ってみられるかもしれない。しかし、初見ではまったく面白いとは思えない。

 

個人的に、作品のリメイクにあたっては、多少今の時代のセンスに合わせたほうがいいと思っている。ただ、こういうところはかなり難しいところだ。今のセンスに合わせると、その作品の世界観を失ってしまう可能性もある。

 

しかし、この作品については、先生のありえない服装、「オヤビン」という呼び方、主人公のパンツ一丁の登場などは、変えるか削除しても良かったのではないか。

 

f:id:wegowalk4:20190409212837p:plain


とりあえず第1話は、クライマックスまでがかなり退屈であった。

昔の作品で、当時は目新しかったのかもしれないが、今はどこにでもあるような話だ。

画が特別良いというわけじゃないし、動画の動きも不自然なところが目につく。

 

アニメを切るのは3話までみてから、という説があるが、第1話をみれば、概ねその作品の価値は分かってしまうものである。

 

タイトルからは壮大なストーリーが想像されるので多少期待していたが、第1話を見る限り、このあと見る必要性は無さそうだ。