深夜のランダム・ウォーク

深夜アニメについて語りたい



真夜中のオカルト公務員 第1話 感想 いわゆるアニメの改悪


↓アニメ感想系ブログランキング
  にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ


TVアニメ「真夜中のオカルト公務員」は、たもつ葉子氏による漫画「真夜中のオカルト公務員」のアニメ化作品である。

 

f:id:wegowalk4:20190410210722p:plain



感想は、すげえ地味だな・・・・の一言。

 

ストーリーも画も、華が全然ない。

 

派手にすればいいというものじゃないが、それでもあまりに地味すぎないか。

 

f:id:wegowalk4:20190410211028p:plain



f:id:wegowalk4:20190410211015p:plain

特に、天使と天狗の地味なことといったら。

 

それと、主人公が活躍するシーンも弱い。

姫塚セオがなにか取り出した武器を奪い取って爆発を防ぐ、ぐらいはやってもいいのではなかろうか。

 

制作会社をみて、ちょっと驚いた。

あの、魔法少女特殊戦アスカを制作したライデンフィルムだった。

 

ライデンフィルムは、派手に動くアニメをつくっているイメージがあったが、ずいぶん地味な作品を地味につくったもんだなぁ。

 

ここで、原作を調べてみると、意外ににも10巻まで発売されている。

そこそこ人気があるようだ。

 

真夜中のオカルト公務員 第10巻 (あすかコミックスDX)

真夜中のオカルト公務員 第10巻 (あすかコミックスDX)

 

 

 ちょっと気になったので、第1巻を読んでみた。

 

真夜中のオカルト公務員 第1巻 (あすかコミックスDX)

真夜中のオカルト公務員 第1巻 (あすかコミックスDX)

 

 

なるほど。

 

アニメの第1話は、はっきりいって改悪だな。

 

原作を読んでみると、第1話の始まり方は、読者を引き込む演出が施されている。

天使、天狗の画も、線が多くて味がある。

何より、見せ場のシーンで、ちゃんと主人公が活躍している。

 

漫画はセオリーを守ったストーリーを展開しているのに、なんでアニメでこんな演出を図ったのか。

おそらく、冒頭のセオの爆発を入れたら面白いと思ったのがしれないが、どう考えても逆効果だ。

 

原作の第1話は、けっこう面白いのに、アニメのスタッフに恵まれなかったか。

真夜中のオカルト公務員は、運が悪かったな。