深夜のランダム・ウォーク

深夜アニメについて語りたい



GODZILLA キング・オブ・モンスターズ 怪獣映画が好きなら、映画館に言っても損はしないはず―――――


↓アニメ感想系ブログランキング
  にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ


 

f:id:wegowalk4:20190616192426p:plain

映画館で、GODZILLA キング・オブ・モンスターズを観てきた。

全体的な感想としては、映画館に観に行って良かった。

 

前作のハリウッド版ゴジラは、怪獣がほとんど出てこなかったけれども、今回は、ゴジラモスララドンキングギドラが多めに登場。

しかも、その映像は迫力満点で、しかも画として美しいものばかり。

これは、映画館の大画面でみるべき映画―――――だと思う。

 

以下は、ネタバレの感想に続く。

 

 

じゃあ、全て良かったかと言うと、そうではない。

 

とにかく、ストーリーがダメダメだ。

相変わらず、ハリウッドは、怪獣映画のストーリーを作るのが下手だと思う。

ってゆーか、家族愛ってどうしても必要?!

 

そのへんのダメさ加減については、以下のブログに詳しく書かれている。

この内容については、ほぼ同意だ。

 

imakokoniarumono.hatenablog.com

 

 

 

怪獣のバトルシーンでも、気に入らないところが一つある。

それは、怪獣の足元に、人間を置くという演出だ。

他のブログではわりと好意的にみられていたけど、リアリティの喪失感が半端ない。

怪獣の巨大さを表現したいのだろうが、あんな巨大な化物の下に人間がいて、みんな生きているというのが不自然すぎる。

 

 まぁとにかく、この映画はそれを気にしちゃ負けなんだろう。

とにかく何も考えず、怪獣たちの映像美に酔いしれればいい。

 

ゴジラキングギドラが素晴らしいのは当然としても、ハリウッドのアイディアでリメイクされたラドンモスラはほんと素晴らしかった。