深夜のランダム・ウォーク

深夜アニメについて語りたい



 グランベルム 第1話 感想  ちょっとテンポが早いか?


↓アニメ感想系ブログランキング
  にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ


TVアニメ『グランベルム プリンセプスのふたり』は、Nexus制作によるオリジナルアニメである。

ライトノベルRe:ゼロから始める異世界生活』のイラストを担当する大塚真一郎氏と、同作のアニメで監督を務めた渡邊政治氏が手がけている。

 

f:id:wegowalk4:20190707200935p:plain

f:id:wegowalk4:20190707200912p:plain

f:id:wegowalk4:20190707200947p:plain

f:id:wegowalk4:20190707200957p:plain


名作「魔神英雄伝ワタル」を彷彿とさせる2等身ロボットのアクションはわかりやすく迫力がある。

作画も安定している。

あとは、ストーリーが良いかどうか。

 

評価としては、ちょっとテンポが早いかな、という部分と、多少説明不足なところがあるように感じた。

 

ancb00241

f:id:wegowalk4:20190707201101p:plain

冒頭、赤い月をみながら、主人公(?)満月が洗い物をしているところから話は始まる。

おそらくは、現代の日本を描いている―――――と思うのだが、その確信を持つ前に、満月が幻想空間に転送されてしまった。

 

「リゼロ」の冒頭も短いが、最初のシーンは現代の象徴ともいえるコンビニから転生していることで、現代から異世界への転送がはっきりしている。

しかし、グランベルムでは、赤い月があったこともあり、舞台がはっきりしなかったように思える。

例えば移動中に車がいっぱい通る交差点など入れるなどして、まずは現代の日本ということをはっきりとさせるべきだった。

 

 

また、この世界で戦うリスクが分からないので、主人公の危機感がイマイチ伝わってこない。

 

 

f:id:wegowalk4:20190707201722p:plain

だから、主人公の叫びにちょっと興ざめしてしまう。

 

この幻想空間で怪我をしたり、負けたり、死んだりした場合、魔術師はどうなってしまうのか。

 「魔法少女まどか☆マギカ」や、「ゆゆゆ」みたいな作品があるだけに、早いうちにこの世界観を示した方がよかったのではないかと思う。

 

f:id:wegowalk4:20190707201847p:plain

主人公覚醒まで描いて終わらせたかったのかもしれないけれど、ネタバレになりそうなOPは後回しにして、尺を有効に使うとか、彼方のアストラのように、初回は1時間としてもよかったのではなかろうか。

 

といいつつも、美少女+ロボットは、それだけでもテンションがあがる。

今後の展開と、渡邊政治氏の手腕に期待して、視聴を継続する。

 

 

グランベルム Blu-ray 上巻

グランベルム Blu-ray 上巻