深夜のランダム・ウォーク

深夜アニメについて語りたい



ありふれた職業で世界最強 第1話 感想 きみの職業は?


↓アニメ感想系ブログランキング
  にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ


『ありふれた職業で世界最強』は、白米良氏による日本のライトノベルのアニメ化作品である。

 

いわゆる、「なろう小説」の一つ。

漫画にもなっており、こちらで読むことができる。

 

comic-gardo.com

 

 

そのアニメ第1話は、問題だらけだ。

 

f:id:wegowalk4:20190710210321p:plain

まず、画面が暗すぎる。

ダンジョンの中を表現したかったのかもしれないが、ただ暗くすればいいというものじゃない。

他にもダンジョンの中が舞台のアニメを多くみたが、こんなに暗くてわかりにくい作品はあまりみたことがない。

 

f:id:wegowalk4:20190710210508p:plain

化物グマのソニックブーム(?)で・・・これも分かりにくいのだが、主人公が腕を切断される。
ところが次のシーンでは、なぜか主人公が口から血を吐く。

アニメ化スタッフに問いたい。君たちの胃や食道は、左手にあるのかね?

 

 

 

f:id:wegowalk4:20190710211919p:plain

話が、主人公の「説明」で進んでいくというのもセンスが悪い。

誰もいないのだから、口を動かす必要は無いんじゃないか?

アニメなのだから、基本的には画で主張すべきだろう。

 

また、話の構成も良くない。時系列を変えているようだが、話が分かりにくくなっただけで、なんの効果も上げていない。

 

そして、このアニメ第1話でとにかく最悪なのが、「ありふれた職業」についての説明が乏しいことだ。

 

アニメを見る限り、職業についてふれられたのは、このステータス画面だけだったろうか?


タイトルが『ありふれた職業で世界最強』といっているのだから、まずは主人公の職業が、この舞台の中において、ありふれたものだということを強調する必要があるだろう。

  

その点については、コミックスの作者は分かっているようで、主人公の職業についてちゃんと描いているし、他の召喚者達との差についても触れている。

 

「タイトル回収」とよくいうが、タイトルと話の整合性は重要だ。

視聴者は、まずタイトルをみて、その内容を予想する。

タイトルと内容に差があると、それが気になってしまい、内容に入っていけなくなる。

 

だいたい、「ありふれた日常で世界最強」のストーリー自体、少し難点があると言わざるを得ないのだから、せめて最初ぐらいは、小説に忠実にやってほしかった。

 

円盤発売されるようだけど、売れるのかな・・・。