深夜のランダム・ウォーク

深夜アニメについて語りたい



グランベルム 第4話 感想 


↓アニメ感想系ブログランキング
  にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ


 

グランベルムがつまらない。

 

作画とアクションシーンの動きはなかなか良いものの、それ以外に興味をひかれるところが少ない。

 

何度も書いているけれど、相変わらずグランベルに勝利することの意味が見えてこない。

また、グランベルムで負けることのリスクも出てこない。

 

バトルはあるけれど、出てくるメカはほとんど傷つかない。

登場人物たちも傷つかない。

  

だから、アルマノクスに乗り込んで、異空間に行ったとしても、なんの緊張感も無い。

 

 女の子が異空間に行ってバトルするといえば、少女決戦オルギアを思い出す。

  

少女決戦オルギア(1) (ヤングマガジンコミックス)

少女決戦オルギア(1) (ヤングマガジンコミックス)

 

 この漫画では、理不尽なほどに女の子達が命を落としていく。

だから、異空間に行くシーンでは、とんでもないほどの緊張感がある。 

 

ここまではしなくても、 魔法少女まどか☆マギカとか、ゆゆゆとかの実績、放送枠が深夜であることを考えると、グランベルムも、もっとダークな部分に踏み込んでもいいと思う。

  

それと、やっぱり主人公たちの動機が弱すぎる。

主人公の満月にいたっては、「自分を変えたいから」では、みているこちらとしても感情移入はできない。

 

ついでに、新月の扱いも微妙だ。

「私には勝てない」なんてセリフを行っているけれど、けっこうダメージをくらっているし、「援護を頼みます」と出ていったにも関わらず、戦闘でなんの役にも立っていない。

 

ひとつひとつのシーンの見せ方もよくない。

例えばこのシーン。

f:id:wegowalk4:20190730212513p:plain

満月が、妙な動きでジーグァンロンのオールレンジ攻撃(?)をかわす。

でも、だからなんだと思ってしまう。

このシーンを入れるなら、比較対象が必要だ。

ジーグァンロンの攻撃に苦戦するアルマノクスがあれば、満月の才能が強調されるのではないか。

  

このアニメ、いったい何をどうして、視聴者に面白いと思わせる気なのだろうか・・・・?

 

 

 

↓アニメ感想系ブログランキング
  にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ