深夜のランダム・ウォーク

深夜アニメについて語りたい



私、能力は平均値でって言ったよね! 第2話 感想 面白くするために手段は問わない


↓アニメ感想系ブログランキング
  にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ


『私、能力は平均値でって言ったよね!』は、FUNA氏によるライトノベルのアニメ化作品である。

 

いわゆる「なろう小説」だ。

コミカライズも刊行中。

 

 

小説は未読。

コミックスは、2巻まで読んだ。

話としては、そこそこ面白いのだが、画は正直あまりいいとはいえないので、途中で読むのをやめてしまった。

 

なので、アニメが面白くなるかどうかは、アニメ化スタッフの力次第―――――と勝手に思っていた。

 
そして第1話、第2話をみた限りでは、アニメとして面白い作品になっているといえるだろう。
 
特筆すべきは、小説にもコミックにもないパロディをぶっこんできたところだ。
 

f:id:wegowalk4:20191020171321p:plain

f:id:wegowalk4:20191020171344p:plain

f:id:wegowalk4:20191020171402p:plain


おそらく、アニメ化スタッフも、ただアニメ化しても、物足りないと思ったのではなかろうか。
 
この面白くするために、手段を問わない姿勢は悪くない。
 
それから、中毒性が高いOPが大変よろしい。

f:id:wegowalk4:20191020170711p:plain

f:id:wegowalk4:20191020171531p:plain
戦隊モノのパロディもしっかり入ってる。
  
作画は、平均以上。
戦闘シーンの動きがちょっと気になるが、話のテンポは悪くない。

 

もっと面白いパロディがみられそうなので、しばらく視聴を継続する。