深夜のランダム・ウォーク

深夜アニメについて語りたい



ターミネーター ニュー・フェイト 感想 一言でまとめるのは難しい


↓アニメ感想系ブログランキング
  にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ


 f:id:wegowalk4:20191215112644p:plain

「ターミーネーター」は、今でも人生ベスト10に入る映画の一つだ。
 
最初の第一作目を見たときの衝撃は忘れられないし、第二作目はさらに素晴らしかった。

第一作を生かしきったストーリー、当時ようやく使われ始めたCGによる液体型ターミネーターインパクトは第一作目をしのぐものだった。

ターミネーター2 4Kレストア版 [Blu-ray]

ターミネーター2 4Kレストア版 [Blu-ray]

 

 

 
 「ニューフェイト」は、そんな思い入れのある作品の「続編」であるという。
 
その感想を一言で表すことは難しい。
評価の基準のハードルが高くなってしまうからだ。
 
それでもなんとか一言でまとめるなら、「悪くない」ということだろうか。
 
以下、ネタバレの感想へと続く。
 

 

 

 

 

 



1.ストーリー

 
まったく前情報無しでみたので、冒頭の、若き日のリンダ・ハミルトンアーノルド・シュワルツェネッガーエドワード・ファーロングの映像が流れたことにはかなり驚いた。
今、CGでは、あんなに精度の高い映像ができるんだな・・・技術の進歩はすごいものだ。
 
さて、ターミネーターのストーリーは、警察病院の精神科の医師「ピーター・シルバーマン」が言っていたように、ほぼつじつまがあっている。
 
それをひっくり返すのだから、ニューフェイトのストーリーには、飲み込めないところが多かった。
 
だがしかし、それは映画を見る前から想像できていたこと。
 多少のストーリーのおかしなところは目をつぶるつもりだった。
 

とはいえ、さすがにスカイネットを無かったことにしたのはどうかと思った。

それと、スカイネットが無かったことになったのに、ジョン・コナーを何度もターミーネーターが襲いに来るのは、どう考えてもおかしすぎるんじゃない・・・?

 

2.キャラクター

登場したキャラクターは、みんな素晴らしかった。

 

特にリンダ・ハミルトンの存在感は抜群。
この映画にむけて鍛えてきたというだけあって、とても62歳とは思えない活躍であった。
 
新キャラのグレースも良い。
長身から繰り出すアクションは迫力十分。
今回の映画を盛り上げてくれた。
 
新型ターミーネーターのREV-9も悪くない。
シュワちゃんターミネーターと、液体型ターミネーターの合体版というアイディアは面白かった。
 

 3.アクション

アクションは相変わらず素晴らしい。
ターミネーターにはつきもののカーチェイス、飛行機内のバトル、どれも見どころが多かった。
 
映像もすごいけど、よくこんなすごいアクションのアイディアを思いつくものだ。
 
ただ、ダムの水中のシーンは暗くてよくわからなかったので、昼のシーンにした方が良かったかもしれない。
   

4.まとめ

ストーリーはまぁこんなもの。
キャラクターはいい感じ。
アクションは素晴らしい。
最高の映画かと聞かれると、どうしても名作ターミーネーターと比べてしまうので評価のハードルが高くなってしまうけど、レイトショー1300円でみたので、悪くはない映画であった。