深夜のランダム・ウォーク

深夜アニメについて語りたい



映像研には手を出すな! 第1話 感想  またすごい作品がはじまってしまった


↓アニメ感想系ブログランキング
  にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ


f:id:wegowalk4:20200109204008p:plain



TVアニメ 『映像研には手を出すな!』は、大童澄瞳氏によるマンガのアニメ化作品である。

 
觀終わった瞬間、15分枠かと勘違いした。
しかし、放送時間はきっかり25分。
物語の中に引き込まれてしまい、時間の経つのを忘れてしまった。

 

特徴的なキャラクターと、舞台設定もそうだが、ぐりぐりと動く画がとにかく素晴らしいし、一つ一つの画の構図に凄まじい経験とセンスを感じる。

 

監督は誰かなとググってみたところ、湯浅政明氏であった。

クレヨンしんちゃん」で有名な 人らしい。

 

コミックスを読んでいる人なら知っているだろうが、アニメ第1話には、かなり多くの「付け足し」とアレンジが加えられている。

現在無料なので、ぜひアニメ第1話と比べていただきたい。

アニメに大幅な変更が加えられた場合、失敗に終ることが多い印象がある。

しかし、この作品で素晴らしいのは、原作の雰囲気や面白さを損なうどころか、数段パワーアップしているところだ。

 
 
そして、ストーリーも画も良いこのアニメの中で、異質な存在感を放っていたのが、
主人公・浅草みどりを演じる 伊藤沙莉さんの演技だ。
 
独特のハスキーボイスで、抑揚は少ない。
しかし、素人っぽさ、下手さ加減はまったく感じない。
それどころか、もう、このキャラクターの声は、この人以外にありえないとさえ思ってしまった。
 
 
第1話は、「最強の世界!」の副題そのままの出来だった。
問答無用で視聴決定。
 
 
 
 
映像研には手を出すな! (5) (ビッグ コミックス)

映像研には手を出すな! (5) (ビッグ コミックス)