深夜のランダム・ウォーク

深夜アニメについて語りたい



ぼくたちは勉強ができない! 第13話(最終回) 感想 ぼくたちは納得できない


↓アニメ感想系ブログランキング
  にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ


 

f:id:wegowalk4:20200105104158p:plain


TVアニメ「ぼくたちは勉強ができない!」が最終回を迎えた。

 

その最終回の終わり方を予想できた人はいなかっただろう。

原作にはない、完全なアニオリ。

文化祭の後、一気に卒業式、いや大学の合格発表まで飛び、そして「うるかルート」で終わってしまった。

 

このアニメは、かなり「優等生」的なアニメだと思っていた。

原作をほぼ忠実にアニメ化しており、ほとんど足さないものの、マイナスはほとんど無いので、原作ファンとしては、毎週楽しく観ることができた。

 

だから、ここでこんな改変を持ってくるとはかなり意外だった。

というか、かなり残念だ。

この終わり方には、まったく納得はできない。

 

語呂がいいので勝手に「ぼくたちは納得ができない」とタイトルに使ってしまったが、納得できなかったファンは多かったのではなかろうか。

 

とにかく、ここで終わらせるのは、あまりにも唐突すぎる。

ここまで積み上げてきたものが、全て台無しだ。

  

たとえ何かの理由で3期の可能性は絶望的だとしても、一縷の望みをかけて、文化祭の花火のシーンか、成行の面接のシーンで終わらせてほしかった。

 終わりよければ全て良しというが、このアニメでは、残念ながら、まったく逆になってしまったことが、非常に残念だ。