深夜のランダム・ウォーク

深夜アニメについて語りたい



ソマリと森の神様 第1話 感想 原作とは別物の雰囲気


↓アニメ感想系ブログランキング
  にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ


f:id:wegowalk4:20200114210657p:plain



 TVアニメ『ソマリと森の神様』は、暮石ヤコ氏による同名マンガのアニメ化作品である。

 

 第1話をみたところ、心をもたないゴーレムと、人間の子供との交流を描くストーリーのようだ。

 舞台は、人外ものたちが跋扈し、人間が好物という、なかなかエグい世界。

 

f:id:wegowalk4:20200114210749p:plain

 捨て子の状態で、心をもたないゴーレムに育てられたソマリ。

 にも関わらず、かなり明るいキャラクターとなっている。

 水瀬いのりさんの演技もあいまって、可愛い感じになっているのは、なかなか良い。

 

 と思っていたのだが、あまりにも能天気すぎる。

 何しろ、舞台は人間を食べる人外の者たちの世界だ。

 子供だから判断能力が低いとはいえ、猫を追って、ひたすらあるき続けるソマリには少しイライラしてしまった。

 

 原作もこんな感じなのか興味が出てきたことと、無料中だったので、第1巻を読んでみて驚いた。

 原作は、アニメとは別物の雰囲気を醸し出していた。

 

 特に違うのが作風だ。

 細い線で描かれた緻密な画が素晴らしい。

 アニメの画はキレイだが、原作の雰囲気は全然出せていない。

 

 ストーリーの組み立ても、全然違う。

 アニメでは、ソマリが延々あるき続ける描写となっていたが、ゴーレムからそんなに離れた描写は無く、アニメほどのイライラ感はない。

 

 何より、主人公ソマリの雰囲気が違いすぎる。

 

 好みはあるかもしれないが、アニメは改悪の方に近い。

 

 アニメがこんな感じなら、コミックスを読むので十分じゃなかろうか。