深夜のランダム・ウォーク

深夜アニメについて語りたい



ID:INVADED 第3話 感想  徐々に面白くなっている?


↓アニメ感想系ブログランキング
  にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ


第3話は、意外に観ることができた。

 

f:id:wegowalk4:20200117205245p:plain


 最初は、津田 健次郎さんの声が、このサカイドというキャラクターのイメージに全然あっていなかった。

 

f:id:wegowalk4:20200117204951p:plain

 しかし、現実のサカイド・鳴瓢秋人とは、それほどイメージの乖離は無かった。

 それどころか、爆弾魔の冬川を自殺に追い込む演技は、なかなか見事だった。

 こうなると、サカイドのキャラデザはちょっと問題があるかもしれない。

 

 

f:id:wegowalk4:20200117211257p:plain

第1話から、世界観の説明を完全に放棄し、視聴者を置き去りにしていたといってもいいアニメだが、松岡と本堂町ちゃんの会話などをはじめとして、ようやくこちらで理解できるパーツが示され始めた。

 

f:id:wegowalk4:20200117211434p:plain


 また、鳴瓢秋人の凄惨な過去のように、視聴者を引き込むような要素も出てきた。

  

 

 徐々に面白くなっている感じはある。

 とはいえ、セリフの内容がけっこう「飛んでいる」感じだ。

 登場人物の中では意思疎通が図られているけれど、こちらとしては「?」という表現が多くみられる。

 

 それが、このアニメの味になるかどうかが、今後の鍵になるかな。