深夜のランダム・ウォーク

深夜アニメについて語りたい



映像研には手を出すな! 第3話 感想 この面白さをどう表現すればいい


↓アニメ感想系ブログランキング
  にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ


f:id:wegowalk4:20200125220826p:plain



いやあ、毎回ホント面白い。

30ぐらいの作品なのに、体感時間は5分ぐらい(当社比)。

 

毎季、アニメは何十本と放送されているわけだけど、視聴している時間、完全に意識を持っていかれる作品って、なかなか無い。

 

「映像研には手を出すな!」は異質だ。

画は美しい、とはいえない。美少女キャラクターはつばめちゃんだけ。

魔法も奇跡もない。

でも、面白い・・・・なんだこれ?

この面白さをどう表現すればよいのやら。

 

逆に、異質なところがいいのかな。

 

他のアニメにはない、女の子キャラクターの書き分け。

ハスキーボイスの伊藤沙莉さんの個性的な演技。

そして、何よりアニメーションをダイレクトにみせるストーリーと演出。

 

 前季は不作な感じがしていて、もう面白い作品ってみられないかなと思っていたんだけど、アニメにはまだまだ色々な可能性が残されているんだなぁ。

 

映像研には手を出すな!(1) (ビッグコミックス)

映像研には手を出すな!(1) (ビッグコミックス)