深夜のランダム・ウォーク

深夜アニメについて語りたい



ようこそ実力至上主義の教室へ(2期)

ようこそ実力至上主義の教室へ 第12話 感想  文句なしの神回

作画が実に素晴らしかった。 特に戦闘シーンの動きの動きと迫力は劇場版といっても差し支えない出来。 動きの良さに加え、倉庫内の明暗をうまく使って、迫力ある映像を作り出したスタッフの力量は素晴らしいというほかはない。 序盤の第何話かで作画が甘いと…

ようこそ実力至上主義の教室へ(2期) 第10話 感想 魅力はある。

主人公の清隆、その脇を固める美少女キャラクターたちは個性的で存在感十分。 さらに、エンディングの曲と作画の雰囲気が実に良い。 いろいろな魅力にあふれている作品だけど、今一つストーリーが整理されていないような印象を受ける。 今回は、清隆がやる気…

ようこそ実力至上主義の教室へ(2期) 第3話 感想 2話目で切らなくて良かった

第3話、良かった。 特に良かったのは、第2話で怪しかった作画が回復したことだ。 前回、第2話がはじまったとき、一瞬綾小路が誰か分からなかった・・・。 綾小路の雰囲気を出すのって難しいのかも。下手な人が描くと、ただの冴えない男になってしまいがち…

ようこそ実力至上主義の教室へ(2期) 第1話 感想

TVアニメ『ようこそ実力至上主義の教室へ』は、衣笠彰梧氏によるライトノベルのアニメ化作品である。 第1期に続き、今回は第2期に当たる。 原作は人気小説であり、それを基にしたアニメの1期は、作画や演出、脚本もかなり良いもので、アニメも小説と並ん…