深夜のランダム・ウォーク

深夜アニメについて語りたい



鬼滅の刃 第26話 感想 最初から最後まで素晴らしかった


↓アニメ感想系ブログランキング
  にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ


いやあ、素晴らしかった。

 

個人的なことを言わせてもらうと、原作の第1巻はあまりパッとしない印象があった。

ハードディスクには自動で録画していたけど、時間がないので、第1話をみて、たいしたことなかったら切るつもりだった。

 

ところが、第1話から、とんでもない作画のクオリティに一気に引き込まれてしまった。

 

善逸、鬼舞辻無惨が出てきてからはストーリーも加速度的に面白くなり、それに呼応するように作画のクオリティも上がっていった。

 

f:id:wegowalk4:20190929213510p:plain

特に、ヒノカミ神楽のシーンの作画は凄まじさは圧巻の一言。

感動させるシーンでは無いとは思うのだが、あまりの美しさは涙が出てくるほどだ。

 

f:id:wegowalk4:20190929213300p:plain

最終回の、無限城の作画も凄まじい。

普通に、お金をかけて映画でやってるレベルだ。

 

  

声優さんたちの演技も光った。

みんな良かったけど、なんといっても、善逸を演じた下野紘さんの熱演はMVPもの。

f:id:wegowalk4:20190929213704p:plain

 

f:id:wegowalk4:20190929213430p:plain



このアニメ「鬼滅の刃」のように、アニメ化スタッフの、実力、情熱、原作へのリスペクトが伺える作品に出会えて良かった。

 

アニメ化スタッフ、関係者、キャストの皆さん、大変おつかれさまでした。

素晴らしいアニメをありがとうございました。