深夜のランダム・ウォーク

深夜アニメについて語りたい



八男って、それはないでしょう! 第2話 感想 感動的なシーンになるはずが


↓アニメ感想系ブログランキング
  にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ


 うーん、ダメだな。

 

 作画、ストーリー、演出、それぞれに、あまりいいところがない。

 

 主人公と魔法使いの交流と別れという、良いお題ではあるけれど、アニメとしていいものになっているとは言い難い。

 

f:id:wegowalk4:20200412194108p:plain

 まずは作画。

 今日日、アニメの料理の作画はかなりのレベルにある。

 だが、このアニメの食べ物は、あまり美味しそうにみえない。

 というか、わさびじゃないとダメだったのだろうか。

 

f:id:wegowalk4:20200412194232p:plain

 次にストーリー。

 第2話の序盤に、ベルが師匠の「飛翔」魔法で飛びながら、サーチ魔法を学ぶシーンがある。

 

f:id:wegowalk4:20200412194415p:plain

 ところが、そのあと、飛翔の魔法を聞いて驚くシーンがある。

 話の組み立てとして、どう考えてもおかしい。

 多分、物語の展開を何も考えずに、さっきの飛翔のシーンを入れたんじゃないか。

 

f:id:wegowalk4:20200412194546p:plain

 そして今回の見せ場、ベルが師匠を成仏させるシーン。

f:id:wegowalk4:20200412194620p:plain

 師匠「もっと!もっと強くだ!!!」

 

 この台詞、必要だったかな。

 

 好みもあるかもしれないけど、せっかくの感動的なシーンが台無しだ。

 

 例えばベルが魔力を込めると、師匠の体に静かにひびが入るとか、そういう表現の方が良かったのでは。

 

 制作会社は、シンエイ動画さんか。

 

 おかしいな、「高木さん」をつくってるところじゃないか。

 高木さんのアニメはかなりクオリティが高い。

 でも、この「八男」は、とても同じ人達がつくっているように思えない。

「八男」の制作は、違う人達でつくっているのかもしれない。

 

 というわけで、録画はしておくけど、もう見なくてもいいかな。