深夜のランダム・ウォーク

深夜アニメについて語りたい



GREAT PRETENDER 第1話 感想 「+Ultra」がようやく本気を出した?


↓アニメ感想系ブログランキング
  にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ


f:id:wegowalk4:20200716202245p:plain



 

 テレビアニメ『GREAT PRETENDER』は、WIT STUDIO制作によるオリジナルアニメである。

 

 注目すべきは、フジテレビ「+Ultra」枠であることだ。

 

 「+Ultra」は、フジテレビが「それなりに」力をいれているはずの、アニメ枠である。

  しかし、ここまでは、ほとんど目立った成果を上げているようにみえない。

 

 「+Ultra」枠においては、6作品が投入されている。それなりに利益を狙っているんだろうが、アニメ界隈で盛り上がったのは「BEASTARS」ぐらいじゃなかろうか。

 

 6つの作品にほぼ共通するのは、作画は平均以上であること。そして、「BEASTARS」意外で共通するのは、脚本に魅力が無いことだ。「空挺ドラゴンズ」の漫画は面白いはずだが、変な脚色や改変が入ってしまい、アニメとしては記憶に留める必要のない凡作になってしまった。

 

 そして、この『GREAT PRETENDER』はどうなるだろうかと事前情報を漁ってみたところ、どうやらフジテレビが本気になったようだ。

 

監督は、「鬼灯の冷徹」などの鏑木ひろ氏。

脚本家は、「ALWAYS 三丁目の夕日」や、「リーガル・ハイ」を手掛けた古沢良太氏。

そして、キャラクターデザインは、「新世紀エヴァンゲリオン」の貞本義行氏。

制作は、「進撃の巨人」などでハイクオリティな映像を手掛けるWIT STUDIO

 

これは、面白くなりそうだ、ってんで、項目別に観ていこうか。



○ストーリー、脚本

 さすが、リーガル・ハイの脚本家。
 素晴らしい第1話だった。

 無駄な説明がないのに、すごくわかりやすく、面白い話だった。
 あの時計が伏線になり、全てが仕組まれたということが明らかになった瞬間は、ゾクゾクした。


○キャラクター

 貞本義行さんのキャラデザが悪いはずが無い。
 みんな、派手なところは無いのに個性的でわかりやすい。


○声優

 諏訪辺さん、最近多いな!

 確かに上手い声優さんではあるけれど。

 主人公を演じる小林千晃さんはあまり知らないけれど、十分に上手です。


○絵コンテ・作画、演出

 作画のクオリティには文句なし。

 背景も独特のタッチで良い雰囲気。


○総評

 「+Ultra」だったので期待していなかったが、これはいい意味で予想を裏切られた。
 
 この後の展開が、すごく楽しみだ。