深夜のランダム・ウォーク

深夜アニメについて語りたい



魔女の旅々 第2話 感想  それはアウトかセーフか


↓アニメ感想系ブログランキング
  にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ


 

 『魔女の旅々』(まじょのたびたび)は、白石定規氏による同名小説のアニメ化作品である。

  

 小説は、現在14巻まで発売されており、コミカライズも出ている。

 amazonを見てみると、小説は評価が高い方がやや多いものの、コミカライズは、賛否両論の「否」が目立つ。

 第1話を読むことができるので、自分も読んでみたが、あまり感心しなかった。

 

 

f:id:wegowalk4:20201011193817p:plain

 さて、アニメの第2話で、サヤがマスターキーを使って、イレイナの部屋に侵入するシーンがある。

 

 これは、アウトじゃないか・・・かなり重大な犯罪だ。

 

 「アニメでは殺人や強盗などの犯罪が普通に起きるだろう?宿屋の主人がマスターキーを使って部屋に忍び込むのはダメなのか?」と聞かれると言葉に窮する。

 

 だが、「魔女の旅旅」のそれは、感覚的に、何かが違っているとしか思えない。

 

f:id:wegowalk4:20201011195548p:plain


 それから、サヤはイレイナを街に留めるために、イレイナのブローチを盗んで隠してしまう。

 その事実が発覚したあと、イレイナとサヤは、なんか距離が縮まって、感動的な良い話にまとめていたようにみえたけど・・・

 

 これも普通にアウトでは?

 

 こんなシーンをしれっと出してくるあたり、原作者さんの倫理観に疑問符がつく。

 

 魔女が旅をするというコンセプトは良い。

 アニメ化にあたって、もしかしたら変えてくるかもしれないと思っていたが・・・

 これをそのままアニメ化する制作会社も、ちょっとどうかしているんじゃなかろうか。

 

 

f:id:wegowalk4:20201011194518p:plain

f:id:wegowalk4:20201011194533p:plain

 第1話で、フラン先生がイレイナを雑用として使い倒したあげく、試験で半殺し(?)にしようとしたシーンもどうかと思った。

f:id:wegowalk4:20201011194648p:plain

 フラン先生がイレイナを痛めつけた理由は、両親からの依頼だったけど・・・
 母親の表情のチョイスも何かおかしい。

 

 我が子を千尋の谷に落とす、という話はよくある。

 だがしかし、この「魔女の旅旅」は、キャラクターの表情だったり、台詞の選び方だったり、何かこちらの性に合わない。

 

 少なくとも、第1話、第2話をみて、面白いとは思えなかった。

 

 この魔女の旅旅は、名作「キノの旅」と並べられるようだが、とてもキノの旅に並ぶような感じはしない。

  

 作画はとにかく良いし、本渡楓さんも好演してるんだけど、次回からは見る気にならないかな。 

 

キノの旅 -the Beautiful World- the Animated Series

異世界旅行アニメの傑作!

キノの旅 -the Beautiful World- the Animated Series

  • メディア: Prime Video