深夜のランダム・ウォーク

深夜アニメについて語りたい



装甲娘戦機 第1話 感想 スマホゲーム販促アニメはだいたいつまらない法則


↓アニメ感想系ブログランキング
  にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ


f:id:wegowalk4:20210107205815p:plain



 TVアニメ『装甲娘戦機』は、レベルファイブ原作である『ダンボール戦機』シリーズに登場する“LBX”をモチーフとした“装甲”を身にまとう少女たちの物語である。

 

 『装甲娘』は、DMM GAMESより配信されており、このアニメはいわゆるゲームの販促アニメだ。

 

 だいたい1期に一つはスマホアニメを原作としたアニメが公開される。だが、概ね90%ぐらいは面白くないものになる。

 

 理由は簡単で、とりあえずアニメができればいいや、ぐらいの感覚でつくられた脚本でアニメがつくられてしまうからだ。

 

 アニメが面白くなる要素はいくつかあるが、その中でも脚本は重要だ。

 この「装甲娘戦機」も、おそらく大した時間も手間もかけられずに脚本が作られているんだろう。

 

 CGで描かれた作画と変身バンクはがんばっているけれど、見どころはそれぐらい。

 

 主人公にはさして魅力が無いし、パラレルワールドに飛ばされる展開もお約束だし、主人公の言動や行動もおかしなものばかり。

 

 たとえゲームの中の話といっても、もう少しなんとかならなかったのだろうか。