深夜のランダム・ウォーク

深夜アニメについて語りたい



ウマ娘 プリティーダービー 2期 第2話 感想 素晴らしいシナリオ


↓アニメ感想系ブログランキング
  にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ


 

f:id:wegowalk4:20210201211550p:plain

f:id:wegowalk4:20210201211643p:plain



 第2話、良かった。

 

 たった2話でここまで泣かせにくるなんて、すごい脚本だ。

 

 骨折し、菊花賞は絶望的な状況なのに、真面目に明るくリハビリするテイオー。

 

 普通のアニメなら間に合ってしまいそうだけど、そうは問屋がおろさず。

 

f:id:wegowalk4:20210201211713p:plain



 この、イメージトレーニングの使い方が素晴らしい。

 

 リハビリで使っておいて、本番のレースでも自然にイメージして。

 そこに自分がいないことで泣けてしまうという。

 

f:id:wegowalk4:20210201211734p:plain

 

f:id:wegowalk4:20210201211801p:plain



 そして、そのテイオーのイメージを、他のウマ娘が超えていく。

 

 なにこれ、超熱い。

 

 素晴らしい。やっぱり熱血はいつでもかっこいいね。

 

 

 脚本を書いてくれたのは、米内山 陽子さん。

 

www.pta-harajuku.com

 

 上のサイトによると、「現代を生きる人々のみじめでみっともなくて、しかし愛しい生き様を執拗に描いている」そうな。

 

 なるほど、いい話を書けるわけだ。

 

 ウマ娘は第1期から面白いけど、脚本にすごく力を入れているような感じがする。

 

 他のアニメも、どこぞのなんの実績も実力もない人に任せるのではなく、多少お金をだしても脚本に力を入れるべきではないかな。