深夜のランダム・ウォーク

深夜アニメについて語りたい



Levius レビウス 第12話(最終回) 感想 高評価を与えざるを得ない秀作


↓アニメ感想系ブログランキング
  にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ


f:id:wegowalk4:20210329215529p:plain

 面白かった。

 作画、ストーリー、演出、どれもクオリティが高く、秀作といえる作品であった。

 

 作画は3DCG製とはいえ、実に美しくなめらかに動き、拳闘シーンも緩急を付けながら迫力ある映像を作り出していた。

 

 何より素晴らしいのが練り込まれたストーリー。

 

 架空の競技「機関拳闘」が存在する世界を舞台にしているわけだが、一つ一つの事柄についてちゃんと説明や根拠があり、なんの疑問ももたずに、この世界に入り込むことができた。

 

 最初はもっと泥臭く暗いストーリーになるかと思ったけど、基本的には主人公がヒロインを救う超王道。

 ラストもレビウスがこれでもかという逆境に追い込まれていく中、仲間たちとレビウス自身の力で逆境を乗り越え、AJを救ってハッピーエンド。

 

 早見沙織さんの鬼気迫る演技、宮野真守さんお得意の超ウザイ演技(褒め言葉)も素晴らしかった。

 

 ただ一つ難点を言えば、主人公レビウスの個性がちょっと薄かったか。

 主人公は無個性になりがちなので、もう一つか2つ、特徴があれば良かったかもしれない。

 

 などと、ちょっと気になった点はあったけど、大変良い作品であった。

 スタッフ、関係者、声優のみなさん、良いアニメをありがとうございました。