深夜のランダム・ウォーク

深夜アニメについて語りたい



回復術士のやり直し 第12話(最終回) 感想 放送の限界に挑んだ怪作


↓アニメ感想系ブログランキング
  にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ


f:id:wegowalk4:20210413202033p:plain



  TVアニメ「回復術士のやり直し」が、無事大団円を迎えた。

 

 背景とか謎の影でオブラートに包んでいるとはいえ、際どいシーンを毎回繰り出していたので、いつ放送コードにひっかかるかと心配していたものの、幸い杞憂に終わった。

 

 エログロ満載の原作を、どこまでやるか興味津々であったが、おそらくは表現の限界まで行っただろう。そのシーンの表現を背景や動物に置き換えた手法は、逆にシュールで笑える要素となった。

 

 

 アニメのブルーレイは特典をつけたりしても、なかなか売上が伸びないものだが、回復術士のブルーレイではそのシーンが全部「回復」されるそうなので、お得感も増して一定の売上が見込めるのではなかろうか。

 

 この困難なミッションに挑んで作品を完成させたスタッフ、関係者のみなさん、何より全開でやりきった声優のみなさん、素晴らしいアニメをありがとうございました。