深夜のランダム・ウォーク

深夜アニメについて語りたい



探偵はもう、死んでいる。 第1話 感想 原作者のセンスに共感する


↓アニメ感想系ブログランキング
  にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ


 TVアニメ『探偵はもう、死んでいる。』は、二語十氏による小説のアニメ化作品である。

 

 アニメでも小説でも、タイトルは重要だ。その付け方に、作者のセンスと、作品の面白さが凝縮される。

 

 このタイトルの付け方は秀逸だと思う。

 とりあえず、興味を惹かれるし、第1話の内容もちゃんと合っていた。

 

 「お客様の中に探偵はいらっしゃいませんか?」からはじまる展開も面白い。

 

 

 話の作り方には色々あるだろうけど、これはおそらく、「ありえないシチュエーション」を想像し、そこから話をつくっていく方式だ。

 

 

 第1話は、いかに視聴者にインパクトを与えてその心をつかむか、というのが命題だが、非常に有効だったと思う。 

 

f:id:wegowalk4:20210710193956p:plain

f:id:wegowalk4:20210710194004p:plain

このあとの展開も面白い。

会話劇で進んでいくんだけど、セリフの選び方が良いし、説得力もある。

 

ただ、ここで賛否両論が分かれるだろう。

f:id:wegowalk4:20210710194108p:plain

 いきなり、オーバーテクノロジー発動。

 

 ネットの評判をみていると、こういうSF的な展開にしないほうがよかった、という声が多い。

 

 

f:id:wegowalk4:20210710194237p:plain

 自分もそうだが、まぁ許容範囲かな。

 そのあとのバトルシーンが、いろいろなものを吹き飛ばしてくれた。

 

 ただ、どうしても受け入れられないのが君塚のキャラデザと声。

 絶対に中学生にみえない。

 中学生にしたいのなら、どこかでいじっておくべきだったな。

「みえないけど、これでも中学生だ」と君塚に言わせるとか。

 

 という些細な点はあるものの、全体的な出来は申し分ない。

 絵も良いし、先が気になるので、とりあえず視聴決定。