深夜のランダム・ウォーク

深夜アニメについて語りたい



現実主義勇者の王国再建記 第13話(最終回) 感想 


↓アニメ感想系ブログランキング
  にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ


 

f:id:wegowalk4:20210926194200p:plain


 「現実主義勇者の王国再建記」が、無事最終回を迎えた。

 

 異世界が舞台のアニメには似たような作品が多い中、国の再建をテーマにしたこのアニメは実に個性的で、原作もアニメ自体も割と真面目につくってあったので、かなり好感をもって鑑賞することができた。

 

 ただ、原作の中には良いアイディアが多いものの、作画や演出、絵コンテの技術が原作を生かしきっているとは言い難い。

 手を抜いていると言うよりは、スタッフに、技術、経験、手数が足りていないという感じだろうか。

 

 最終回だが、これは2期を意識した作りで、特に盛り上げることもなく、第13話として構成されていた。

 下手に見せ場をつくったり付け焼刃的に召喚シーンをぶち込んだ某精霊アニメよりは確実に好感が持てる。

 

 願わくば、2期では作画などの精度が上がることを期待したい。