深夜のランダム・ウォーク

深夜アニメについて語りたい



月とライカと吸血姫 第1話 感想 


↓アニメ感想系ブログランキング
  にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ


f:id:wegowalk4:20211005201958p:plain



 

 TVアニメ『月とライカと吸血姫』(つきとらいかとノスフェラトゥ)は、牧野圭祐氏による小説のアニメ化作品である。小説は、「ガガガ文庫」から2016年12月20日より刊行中だ。

 

 

 設定は面白い。

 舞台はこの地球に似た歴史を持つ異世界で、2つの大国が宇宙開発を争い、片方の国が吸血鬼をモルモットとして、宇宙へと送り出す。

 

 人間に不信感をもつ吸血鬼の女の子、そして心優しい青年のボーイーミールガールものってのは見て取れる。

 

 問題は、概ねのラストが予想できてしまうので、いかにオリジナリティをもった展開をみせられるか、もしくはいい意味でこちらの期待を裏切ってくれるか、だろうか。

 

 その大事な脚本には、残念ながらいくつか引っかかるとことがあった。

 ただ、作画はほぼ完璧だし、面白そうな雰囲気はあるので、視聴を継続する。

 

 それにしても、主人公の吸血姫を演じるのは、林原めぐみさんか・・・!

 全然情報無かったので、声の主が誰か分からなかった。

 御年、54歳とは思えぬ美少女の演技はさすが。