深夜のランダム・ウォーク

深夜アニメについて語りたい



闘神機ジーズフレーム 第1話 感想 まだまだだね


↓アニメ感想系ブログランキング
  にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ


 

f:id:wegowalk4:20211018201316p:plain

 TVアニメ『闘神機ジーズフレーム』は、セブンストーン制作によるオリジナルアニメである。

 

 総監督は龔震華氏。キャラクターデザインは、 沈霏氏。これから分かるように、このジーズフレームはほぼ中国製のアニメだ。

 

 この情報が無くても、アニメがはじまってみると、独特のセンスが垣間見え、日本製でないことが分かる。

 

f:id:wegowalk4:20211018200305p:plain

 主人公の家のデザインは、はたしてなんの意図があってこうなったのやら。

 真面目にやってこうなったのか、それとも中華製ってことをアピールしたかったのか?

 

 作画パワーはほぼ中国。しかし、シリーズ構成や原案はヤマサキオサム氏が担当している。

 最近だと、「精霊幻想記」を手掛けたクリエイターだ。

「精霊幻想記」も微妙だったけど、このジーズフレームは、微妙な上に、明らかにこれまでの日本のアニメをパクっている。

 

 ハロが出てきたりするところは苦笑せざるを得ない。

 中国でもガンダムはやってるだろうし、自国のアニメファンからも失笑ものじゃないか?

 

 ここで何度も書いているように、パクリはしょうがないし、ある程度は許せる。とはいえ、それなりのオリジナリティが欲しい。

 今回みた限りでは、ロボットのデザインとかは、割と好感が持てるかな。

 

 それと、作画が比較的まともなところは評価できる。

 中国アニメの作画は年々向上しているので、良い脚本が書ける人が出てきたら、ほんとに日本のアニメが抜かれる日が来るかもしれない。

 

 まぁ、この作品を見る限り、その日はまだ遠い未来だろうけど。

 

 次もみてつまらないようなら、そこで終了かな。