深夜のランダム・ウォーク

深夜アニメについて語りたい



世界最高の暗殺者、異世界貴族に転生する 第1話 感想 よく考えられた異世界転生もの


↓アニメ感想系ブログランキング
  にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ


f:id:wegowalk4:20211017171021p:plain



 TVアニメ『世界最高の暗殺者、異世界貴族に転生する』は、月夜涙氏による小説のアニメ化作品である。

 

 この小説では、自分が勝手に感じている「異世界転生ものの問題」をクリアしている。

 

 問題の一つは、転生者に特徴が無いこと。

 

 異世界転生ものでは、ごく普通の、ちょっと能力が足りない人間が転生することが多いが、もうそれはありきたりすぎる。

 

 その点、このアニメでは、暗殺者というところに工夫がある。

 

 次の問題というか、異世界転生もので何がしらけるかというと、転生者が転生先で何の脈絡もなく、超絶スキルをもらって無双するというやつだ。

 

 この点でも、「世界最高の暗殺者~」では、神様が勇者を暗殺するために、主人公を転生させるという工夫をしている。

 

  おそらく、原作者さんも、そのあたりは意識して話をつくっているのではないか。

 

 アニメの第1話は、なかなか良い出来。

 作画はほぼ完璧だ。

 SILVER LINK.さんの仕事は、昔は今ひとつな感じであったけど、最近はホント安定している。

 

f:id:wegowalk4:20211017170942p:plain



 

f:id:wegowalk4:20211017171503p:plain

 最後は、勇者の暗殺を依頼したところで次回へ続く。

 引きも良い感じ。

 

 これはもう、次回を見なければならなくなる。

 

 それにしても、アニメの第1話は、ほとんどアニオリなのだろうか・・・?

 小説とコミックスの冒頭を読んだら、アニメの第1話の要素はほとんど無かった。

 

 

 転生者の特徴を世界観なく物語でみせており、これがほとんど1から脚本をつくったとしたらすごいことだ。もしかしたら、小説の中のどこかから持ってきたのかもしれないが。